2016/12/10

新しくなったスミス・タワー展望室 その1


今回のソイソース『たてもの物語』はシアトル最古の超高層ビル、スミス・タワーを紹介しました。

ここにはもう3回くらい行っている。 シアトルに来た最初の年にもCTちゃんと行ったのだった。
最後に行ったのは2012年。4年前!あっという間だなあ。

7月にコラムに取り上げようと思って行ってみたら、その時は展望室が改装中だった。

展望室はこの8月にリニューアルオープンしたばかり、という情報を確認し、事務所に連絡して出直してみました。



このあいだの日記でもちょっと書いたけど、2012年に行ったときから比べるとこのビルの西側にあたるパイオニア・スクエアのあたりはほんとうに変わった。
以前は夕方になってから一人で歩くのはすごく嫌な地区だったのに、すっかり綺麗になってオシャレな人が増えて。

そしてスミス・タワー自体も、4年前はしーんとしてて寂れた感が漂っていたのだけど、今回行ったらものすごく変わっててびっくり。

以前はシカゴかどこかの不動産会社が買って、半分をコンドミニアムにしようとして失敗したとかで、テナントがほとんど入ってない状態だった。

当時のオフィス入居率は30%程度だったらしく、1階にあったスタバも撤退してしまって、ほんとに寂しそうなビルだったんですよ。

その後、別のデベロッパーが激安価格(36ミリオン)で買って積極的にリノベーションし、IT企業やデザイン事務所なんかを誘致。

去年、シアトル地元のUNICO Propertiesが買い取ったときには2012年の2倍の値段になっていたそうですよ!36Mが74M!えーと3年で約30億円の利益ですね。
 デベロッパー冥利につきるでしょうねえ。

で今回行ってみたら、オフィス部分の入居率は90%になっているんだって、エレベーター係のお兄さんが教えてくれた。 すごい!

たしかに、もう見るからに活気が戻っていた。


1階にはチケット売り場を兼ねたオサレな売店でサンドイッチが食べられるカウンターもある「Provisions General Store」と、隣りにDiva Espressoができてた。
 
展望室へのチケットは大人$12、ワシントン州民は$10。

「ゼネラルストア」のうしろに、スミスタワー建造当時、1910年代から20年代のオフィスなどを再現したコーナーも出来ていて、展望室への見学ツアーはここから開始。


ここを通って、さらに階段を上がって2階からエレベーターに乗るしくみ。


2階への階段とロビーの壁は、建造当時のままの分厚いメキシコ産オニキス大理石のパネルがはりめぐらされていて超豪華。ほかにアラスカ産の大理石も使われてます。


エレベーターホールの手前には、むかしの交換台を再現した部屋もあり。


このビルで必見は、このエレベーター。


1914年のビル完成時からほとんどそのままという、スチームパンクな人びとが泣いて喜びそうな真正アンティーク。


右側のパネルは新しくつけ加えられたものだけど、機械はそのまま、100年を超えて現役。


以前にいた小さいおじさんはいなくなってて、このお兄さんがいろいろと説明しながら35階の展望室へ案内してくれた。

ぴかぴかの銅板の壁に真鍮のグリルのエレベーター。

ガラスと真鍮製のカゴ越しに外が見えるので、他の階がほんとにみんな使われていて、ハーマンミラーのオフィスチェアと大きなモニターを備えたいま風のオフィスになっているのがチラチラと見えた。

マイクロソフトの研究部門のひとつもここに入ってるんだとか。そのほか、IT企業、法律事務所、デザイン事務所なども。


展望室。以前は「チャイナ・ルーム」という名で、中国風のどっしりした家具が備え付けられていたけど、内装はすっかりモダンに変わってました。

 つづく。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿