2018/04/20

木の芽どきドリンク


木の芽どきです。
ちょっと見たところ、湯がいておひたしにしたら美味しそうな芽があちこちに。

冬と春は東北の実家に帰って仕事をしているという渡り鳥のような翻訳者ハッチーさんが、春先はいつもタラの芽とかふきのとうとか獲りまくりで忙しくてたいへんといっていた。羨ましすぎる。タラの芽食べたいー。

今週は、風邪でぼーっとしてました。バスの中でも学校でもあちこちでケホケホしている人が多い。ウイルスが行き交う季節。ウイルスって不思議なやつ。

最近の対ウイルス迎撃ラインナップにくわわったのは、ターメリック小さじ1&レモン&しょうが&蜂蜜をお湯でまぜただけのドリンク。色といい味といい、いかにも効きそうにがつんと来る。


にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

2018/04/19

祝!ケンドリック・ラマーちゃん


ケンドリック・ラマーちゃんが、ピューリッツァー賞を受賞したそうで!おめでとうございます!!

ピューリッツァー賞に音楽部門があること自体知らなかったけど、ふつうは現代音楽作曲家とかが対象になる賞らしく、これまでラップやヒップホップどころかポピュラー音楽そのものの世界から受賞者が出たことはなかったらしい。

ともかくめでたいです!!

わたくし今年のグラミー賞のパフォーマンス見るまで、名前くらい知ってたけどほとんどノーチェックだったんですよ。新しい音楽自体あんまり聞かないしな。
このパフォーマンスが寒気がするほど良かったので、なになに?なんなのこの子は?とさらにアルバム聞いてみたら、こめかみを殴られたかと思うほどよかった。

しかも先日の『ブラックパンサー』のサントラ、というよりインスパイアドアルバムがさらに素晴らしく、おばちゃんはあなたのような青年がヒップホップから出てきてくれて本当に嬉しい、ありがとう、と拝みたくなりました。


ラマーちゃんは意外に仕事中にも聴けそうな気がします。

 Damn.はどうしてグラミー賞取れなかったんでしょうね。グラミー賞の傾向はぜんぜん知らないが。
オアフ島出身のブルーノ・マーズ君もさらによく知らないのだが、あの子はなんか昔のテレビから出てきた人って感じがする。そういうカテゴリーなのかな?

先日ラジオでキャッチーな90年代ソウルっぽい曲がかかってたので、あれ誰だっけこれー、と思ったらブルーノ君だった。なつかしサウンド?

(ブルーノ君をDISってるわけじゃないよー!)

今の子たちにとって90年代って、80年代からの60年代よりまだ遠いんだよねー、時間的には。

いま80年代とか90年代風の音が流行っているのは、80年代にも90年代にも60年代風のスタイルとかサウンドが常に一定の支持を得てたのとおなじ感じなのかな、と思ったり。

ケンドリック・ラマーちゃんは、本当に好きだなあ。
あの動物っぽいところがツボだ。

ほぼ保護者の視線。

ラマーちゃんの曲と、先日の #MarchForOurLivesの高校生活動家たちが重なるんだよねぇ。
この冷静さ、知性、情熱、繊細さ、強さ、気負わない利他の精神はいったいなんなんだろう。全体に、今の20代〜30代前半には精神が落ち着いている子が多い気がする。逆にまったくそうでない層も増えているのかもしれませんが…。


にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

2018/04/17

実直カフェ、フォー・スプーンズ


3月は息子もわたしもお誕生日月間でした。

なのでたまにはこじゃれたブランチでも食べに行こうじゃないのと出かけた近所のカフェ、Four Spoons Cafe 。  

バラードのダウンタウンはもうすっかりアマゾニアンその他のテッキー君たちが徘徊するアップスケールなオシャタウンになってしまいましたが、ここはそこから車で5分くらい離れた地味なバス通り沿いにあります。バラードというよりグリーンウッドのエリアかな。

近所に並んでるのも、コイン洗車場とか、昔の謎のクラブだった店を改造したマリファナ販売所とか、クリーニング屋さんとかそういう感じで、飾り気なし。


店の中も無駄にオシャレじゃなくて、実直な感じがステキですのよ。
椅子もテーブルもインテリアもカップも、コーヒーも実直です。

食べに来てるのも年配の近所の人らしいお客様がちらほら。



 カラマタオリーブとほうれん草とフェタチーズのスクランブルエッグとビスケットにしました。
卵よりも具が多いのが好きだなー。ビスケットもさくさくでうまかったです。わたしにはちょうどよいボリューム。


息子もなんと23歳になりました。まだまだ一人前ではないけど、健康で、警察のお世話になったりもせず、ましてや州立大学まで卒業できて、ともかくもやりたいことをやって、住む場所があり、コーヒーなんか飲んで暮らしている。なんと幸せなことか。 これがぜんぜん当たり前じゃない子どもがこの国では多いんですから、自分がどれだけ恵まれてるのか彼も噛みしめていると思う。息子のハーフブラザーもいま刑務所に入ってますし。

ありがたや。まーとにかく頑張れ青年。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

2018/04/16

春の宴


雨の宵、春の宴にお招きいただき、シアトルのすぐ近くなのにテラスから見える風景はまるで京都のようなステキ邸宅のダイニングにいってきました。

これボタンじゃなくて「チューリップ牡丹」 なんだそうです。一見牡丹、でもたしかにチューリップ。


舞踏家薫さん特製の肉巻きとか、酒造家Mさんちのうまうまちらし寿司とか。


お魚も登場。


高野山の高野豆腐やとりどりのお野菜や、あるじのAさん特製エスニックサラダも並ぶ超豪華な食卓にわたくしはチーズとクラッカーだけで参戦。申し訳ございません。
この前日までちょっと小難しい仕事が立て込んでいて、精力使い果たしてました。簡単に精力使い果たしてしまうこのヘタレぶり。時間とエネルギーをもっと上手にぐるぐる回したい。

ほかにもいろいろたくさんいただいて、怪しくも興味のつきない話題が満開の春の宴で、たいへん楽しゅうございました!

この日にいただいた舞踏家薫氏のカマンベールチーズのオーブン焼きを、翌朝真似してみた。

トレジョの「ライト」カマンベールがちょっとイマイチだったんだけど、オリーブオイルをかけてこんがり焼くとずっと美味しくなりました。


一人だと、どんどん食生活が素朴になってくる。よくいえばシンプル。そうよシンプルなライフなのよ!手抜きともいう。単に定義の問題である。


にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

2018/04/14

はじき音


先週のクアッド。ちょっとした晴れ間に散る桜が豪華でした。

いまごろになってなぜか言語学入門を勉強してみて、目からウロコがいっぱいです。

発音記号(IPA)なんて中学のときに、英語教わる最初に勉強したよねーなんて思ってたら、ぜんぜん知らないやつに出会うのだった。

その中でも衝撃だったのがこいつ。


ちょうどこの間、英国に住んでる人がアメリカのお店で「water」くださいっていったら通じなかったよっていって笑ってたのをへーとか思って聞いていたんだけど。

water が 「ウォーター」でなく「わらー」になり、kittenが「キティン」じゃなく「きりん」になってしまうアメリカ発音!

このレロレロする発音にちゃんと名前があるなんて考えてもみなかったよ!!

この発音記号は、中学では教わらなかったと思うなー。中学では英語全滅の落ちこぼれでしたので、もしかしたら教科書に載っていたのに知らなかっただけかもしれませんが。

ていうか今の日本の中学はイギリス英語を教えているのか、アメリカ英語なのか、どっちなんだろうか?

Voiced alveloar flap は、日本語では「歯茎はじき音」というのだそうな。へー。

「flap」がはじき音 なんだー。あんまり弾いてる感じはなくて、むしろ「ちょっと触る」くらいの感じだけどな。



老木アゲイン。ほんとにこの苔むした幹が見事ですね。なんとか残せないものか。



ソメイヨシノじゃないほうの子たち。

ところで。
Blogger のアプリがiOS11でサポートされなくなっちゃいました。
Google先生、もうこのサービスはフェイドアウトしていくつもりなのかしら。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

2018/04/07

撃沈ウィーク。雨のローディ


雨ですね。ワシントン州の花、「ロードデンドロン」通称「ローディ」がもう咲いてました。

この名前もうちょっとキャッチーにならないものか。たぶん大きなお世話ですね。

シアトル地域は年々、降雨量が多くなってるそうです。

今日もほぼ一日雨。

猫にかこまれ(ねこシッター中)朝から晩まで平和に翻訳ざんまいの週末には理想的なお天気だ。わーい(涙)。



キャンパスにあった立て札。


「あなたの忙しさはあなたの価値のバロメーターじゃないんですよ」



はいはいはい。じゅうじゅう承知しております。



…てかむしろ、処理速度の物差しだよねきっと ( ´Д`)=3



スタバでちょっと久しぶりに甘いものを飲んでみようかなんて思ったらこのココナツミルクヘーゼルナッツのなんとかマキアートという代物が驚くべきまずさでがっくり。しかも高い。

そしてわたわたしてたらうっかりと内鍵をしてしまい、周囲に迷惑かけまくり。
申し訳ございません!!!


そして取ってるクラスは二つともウェブのテストがメインなのだけど、ここでも両方のクラスで驚くべき点を取ってしまった。生涯初の50点アンド70点!100点満点でね。




打ちひしがれているとこの子たちがそっとやって来てくれるのが救い。




「最後にはみんなうまくいきます。
うまく行ってなかったら、まだそれは終わってないってことなんですよ」


という『マリゴールド・ホテルで会いましょう』の名言を心に刻んで寝るだ。



にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

2018/04/03

アラレと桜


イースターの日曜日はヒョウが降りました。

NHKオンラインによると「あられ」は直径5ミリ未満、「ひょう」は直径5ミリ以上だそうです。


これはギリギリ、あられかな。


雷も鳴って、地面が真っ白になるほど積もった。こりゃー桜はもう終わりかしらと思ったら、きょうは綺麗に晴れて、


まだ花がついてました。


ちょっとスカスカになりはじめた感じですが、やっぱり青空がバックだと桜!ってかんじになりますね。


ちらほら散り始めた頃が一番豪華な感じがします。


花が少し小さくなってきた気がするのは気のせいか?



いろんなカッコで撮影をしてる人がいっぱいです。ウェディングドレスの人もいた。


 雨にも負けず、アラレにも負けず、まだ踏ん張る桜。
しかし肌寒い。今日は晴れたけど8度Cとかだった。


QUADからスザロ図書館を通り過ぎて、レーニア・ヴィスタの噴水のほうに出ると、もう少し濃い色の桜が植わってます。
これはもっと若い木たち。なんという種類かはわからない。



東京のマダムMのご子息Sタロウくんが、今年めでたく医大に合格というお知らせが!
サクラサク〜〜。嬉しい〜〜。

日本の大学は入るのが大変だよね。一回の試験で全部決まるなんて考えただけで胃が痛くなりそう。

うちの息子なんか、日本の学校システムだったら大学どころか高校受験も無理だったと思うよほんとに。


そして半端なおばちゃん大学生生活をダラダラダラダラ続けていたわたくしも、ようやく今学期が最後!やっと単位がたまって卒業できる(涙)。

今学期は以前から取りたかった言語学と建築概論をとってます。どちらも概論コースで、1年生とか2年生向けの大教室のクラス。今まで少人数のゼミ式クラスばっかりで(最小は4人だった!)最後の学期がこれっていうのもなんとも妙ちくりんで、わたくしらしい。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

2018/03/31

今年の桜


ちょっと出かけていて帰ってきたら、シアトルではいろいろ花が満開でした。


学校もはじまっておる。今日のワシントン大学。

桜を見に来ている人たちもたくさんいるので、 キャンパスはいつもよりも人が多くて賑やかな気がします。



こんなに古めかしいビルだけど、ここは地球と宇宙のサイエンスの学部のビル。なにも用事がないので入ったことはない。


キャンパスのまんなかにあるQUADの桜は、ほぼ満開でした。

これでいちおう、シアトル一の桜の名所です。
日本の桜を見に行きたいなー。



樹齢80年近いという年取ったソメイヨシノたちが頑張ってまだ花をつけています。



 世代交代が進行中だそうなので、この老木は今年が最後かもしれません。


曇りの金曜日。
空が暗いので、いまいち盛り上がりに欠ける。

日曜日から雨の予報なので、週明けに散っちゃうかもしれませんね。残念。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

2018/03/29

銃の国の命のマーチ


3月もまさに怒涛でした。もう月末か!!!!

というわけでブログはおやすみしてました。こちらは今朝、デジタルクリエイターズに書いたやつです。



3月24日の土曜日に全米の各都市で行われた抗議デモ「March for Our Lives(わたしたちの生命のためのマーチ)」では、オーガナイザーの高校生たちが大々的にメディアにとりあげられた。

2月14日にフロリダのマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で発生し、教師と生徒たち17人が亡くなった大量殺人事件の直後に同高校の生徒たちが銃規制のために行動するグループ「Neveragain MSD」を組織。このグループの呼びかけに、全米各地の高校生たちや親たちだけでなく、ジョージ・クルーニーやスティーブン・スピルバーグなどのハリウッドセレブまでもがこたえて、あっという間に一大ムーブメントになっていった。

#Enough is Enough、#Neveragainというスローガンは、実際に自分が生命の危険にさらされ、同級生たちをなくした高校生たちの「もう二度とこんなことが起きないように今すぐアクションを起こそう」という切迫したメッセージとして、圧倒的な迫力と説得力をもってたくさんの人を動かした。

ニューヨーク・タイムズも、ロサンゼルス・タイムズも、一面に大きくこのマーチの写真を掲載した。

ラジオとウェブでちらっとインタビューを聞いただけだけど、このフロリダの高校生たちがまた、恐ろしく冷静でしっかりした子たちなのである。あなたは議員さんですか?と思うほど明晰かつ情熱的に意見を述べるDavid Hogg君や、舞台に上がってNRAの代表者と互角にわたりあい、ワシントンDCのマーチでは亡くなった友人のために涙を流しながら静かにメッセージを伝えきったEmma Gonzálezちゃんなどは、あっという間に全米のスター的存在になった。

The New Yorkerからおかりしてまーす)

ヒーローとしてSNSでも大手メディアでもスポットライトを浴びている彼らに、当然ながら銃擁護派は苛立っている。  

右寄りのFOXニュースなどは、この高校生たちはリベラルな大人たちが影であやつっている「コマ」にすぎないと強調している。

でも「リベラルの黒幕が世間知らずの高校生たちを動かしている」という枠でこのムーブメントをくくろうとしている保守派コメンテーターの主張は、なんだかずいぶん遠い時代から響いてきているように聞こえる。

確かにこの運動の中心になっていた子たちというのは、弱冠17歳とか18歳とかではありながら、もともと社会活動家ではあったらしい。
でも、ツイッターで共有され、瞬く間に全米の高校生や親たちの共感を得たのは、銃が蔓延しているアメリカの現状に対してのリアルな危機感ゆえだった。

銃をもった人が乱入してきたときに備える避難訓練「ロックダウン・ドリル」が小学校でふつうに行われているというのはやっぱり異常な事態だし、誰でも簡単にいくらでも銃を所持できる社会はヘンだ、と感じる人は多いということ。

安全なはずの学校で子どもや教師が次々に死んでいる事態に対して現職大統領が提案した「教師も銃を持ったらいいんじゃないの?」という解決策は根本的に間違っていると思う人が、それも、とても熱烈に思っている人が、全国的なムーブメントを起こすほど多いということだ。

漠然とした感想だけど、今の高校生や大学生の中には、それ以前の世代がめったに持つことができなかった精神的な強さを持っている子が多いように思える。

流されることなく自分の感情を素直に共有することが上手で、共感力が強い。
悪意の存在をよく知りながら、投げつけられるものに傷つくことが少ない。
フェイクな情報が溢れる時代の中にあって、冷静に自分と相手の価値観と立ち位置を分析しながら主張することに長けている。

もちろんみんながみんなではないけれど、そんな風に冷静で共感力の強い子どもたちが多くなっている気がする。小さなときから膨大な情報量の切り分け方と処理方法を身につけているからなのかもしれない。この子たちは、それまでの世代とはまったく違うつながり方のスキルを持っているようにみえる。




アメリカの銃規制

このフロリダの高校生たちはまず、銃撃事件から1週間もたたないうちにバスでフロリダの州都に行き、政治家たちに陳情、というよりプレッシャーをかけた。全国メディアが見守る中、米国の中でも保守的で、銃規制に関してはゆるゆるなことで有名なフロリダ州で、州議会に対して銃規制を強める法案を通さざるを得ないほどの圧力を作り出した。

ワシントン・ポスト紙は3月8日の論説記事で「NRAが珍しい敗北を喫した」と書いた。フロリダ州でじつに20年ぶりに議会を通ったという銃規制法だけど、この内容はもちろん、銃の所持を全面的に規制するようなものではない。


その中身はというと、
>あらゆる種類の銃を買うことができる年齢を18歳から21歳に引き上げる
>銃に取り付けて使うことができる部品、「バンプストック」の販売禁止
>バックグラウンドチェックの抜け道を防ぐ

という、日本の感覚からすると、なんですかそれは??それだけかい?と驚いてしまうようなごく基本的なものだけど、ワシントン・ポスト紙はこれを、「驚くべき勝利」と呼んだ。

ちなみに、フロリダ州では普通のハンドガンは21歳以上でないと買えないのに、高校を襲撃した19歳の犯人が使ったアサルトライフルは18歳の子がお店で買えてしまうという不思議なシステムだったのだという。

「アサルトライフル」というのは、ウィキペディア先生の定義によると「実用的な全自動射撃能力を持つ自動小銃のこと」だそうである。

要するに、森の中で鹿やうさぎを撃ったりする用ではなく、敵に向かって間髪をいれずに次々に弾を発射するための戦闘用の銃だ。
こういうものである↓(ウィキ画像)


戦場のための殺傷能力の高い武器を、ふつうの町に住む一般人が買ったり所持したりすることが合法であるという事実が、日本で育った一般人としてはまことに衝撃的なのだけど、それがアメリカの日常だ。
ウォルマートなどのスーパーやスポーツ用品店にふつうに銃のコーナーがあるのにも、いまだに毎回ショックを受けてしまう。

前述した、ワシントン・ポスト紙が「驚きの勝利」と呼んだフロリダ州の新しい規制はこういった銃を禁止するものではなくて、銃が買える年齢を2歳引き上げ、このような代物をさらに射撃しやすくするための部品の販売を禁じるものにすぎない(州によって規制の厳しさが実にバラバラなのもアメリカらしいところ)。

NRAに代表される銃規制反対派の人たちは、いかなる規制も重大な権利侵害への一歩だと感じているらしく、ものすごくセンシティブに反応する。

「銃を持つ権利を取り上げられるかもしれない」というのは、彼らにとっては手足をもがれるのと同じくらいに恐ろしいことのようだ。自分の家の周りに住んでいる人々がいつゾンビに変わるかわかったものではないと思っているのかもしれない。

銃の所持をめぐる議論は、アメリカでは人種問題、移民問題、妊娠中絶問題と同じく、常に常に紛糾し続けているセンシティブな問題だ。

アメリカで最初に銃が規制されたのは1968年。
1963年にケネディ大統領が暗殺されたあと、ジョンソン大統領が署名したこの規制法は、通販での銃の売買と、犯罪者や精神病歴のある人に銃を販売することを禁じた。

ケネディ暗殺の犯人は通販で手に入れた銃を使っていた。大統領暗殺のショックで国全体が動揺していた時だからこそ通った銃規制だったが、それでも法になるまでに5年かかっている。

でも、アメリカが保守に振れたレーガン大統領の時代、1986年には、銃所持者の権利を守る法案が通った。この法は、連邦政府が登録制度などを作ることを禁じた。

クリントン大統領の時代、1994年には、軍用以外の目的でセミオートマチックの銃を製造したり売ったりすることを禁じる「Federal Assault Weapons Ban」、つまり連邦政府による攻撃用兵器禁止法が実施された。

この法案は、フロリダの高校の銃撃事件で使われたアサルトライフルを含む戦争用の武器を一般人に売ることを禁じるものだった。すでに持っている人からそういった武器を取り上げるものではないが、一般人同士の売買も規制の対象となった。

そして、「この法律では銃による暴力や死傷数を減らす役には立たなかった」という研究結果に後押しされて、10年後の2004年(ブッシュの時代)に、この法は更新されることなく静かに失効した。


フロリダの事件の犯人がインスタグラムに上げていたという写真。

精神の不安定な19歳の男の子の部屋のベッドにこれだけの実弾がある。
これだけで気分が悪くなるような写真だけど、これは決して珍しい光景じゃない。

それでもNRAの人たちは、「正当防衛のための権利を奪う」銃規制は間違っていると信じている。





これだけ銃で人が死んでいる国なのに、銃暴力についての研究は意外なほど少ないうえに、紛糾する問題のすべてがそうであるように、解釈もいろいろだ。

銃規制反対派は、銃と暴力についての研究を行うことや、銃の所持者を登録することに対してさえ強硬に反対している。NRA派の人はとにかく自分たちの銃所持の権利に対していかなる形ででも政府がかかわることに激しく反応するのだ。

合衆国憲法修正第2条で保障されている、一般人が武器を持つ権利というのは、米国の根幹だと考える人が多い。

大英帝国を相手に独立戦争を戦ったのは自主的に組織された武装した人々だったし、インディアンとの戦争でも民間人の存在は大きかった。

「我々の自由は銃があるからこそ保証されている」という信条は根強い。

アメリカは、ネイティブ・アメリカンを制圧し、西へ西へと国土を広げてきた国だ。
開拓民は、いってみればインディアンたちとの戦争の尖兵でもあった。誰も守ってくれない大草原や森林で、狼やクマや当然ながら敵意のある「蛮人」たちに囲まれていた開拓民たちにとって、銃は自分と家族の生命を守るために必要不可欠だった。

そしてアメリカは、自由と平等をうたいながらも暴力でマイノリティを制圧してきた。インディアンと黒人奴隷はそのマイノリティの代表的存在だ。

暴力による迫害の歴史は、現代にいたるまで、この国の深い部分に大きな矛盾と障害を残している。

銃所持ぜったい擁護派、規制ぜったい反対派のメンタリティの底には、そういった暴力の歴史に対する鈍感さ、感受性の低さ、理解への拒否が往々にしてかいま見える。

「私たちの生命のためのマーチ」参加者が求めているのは、アサルトライフルなどの戦闘用武器の販売禁止や、銃を買う際のバックグラウンドチェックの徹底といった「常識的な規制」だ。

でもそれを「常識」と考えるかどうかで意見が分かれるのが、現在のアメリカなのだ。

マーチ参加者たちの多くは、おそらく、「銃があれば問題を解決できる」という思想そのもの、暴力肯定の考え方そのものに反対しているのだと思う。

「暴力には暴力で立ち向かうしかない」という考え方は結局のところ暴力装置である武器を社会にあふれさせ、社会を不幸にしている、というのが、マーチ参加者たちの共通した理解だと思う。

銃の擁護派と反対派の間の理解をはばんでいる壁は、まず、長い歴史を通してマイノリティが暴力で抑圧されていたという事実への認識のズレから始まっているのではないかと思う。

暴力装置である銃がこれまでの歴史で「自由を守ってきた」だけなのか、「立場の弱い人を抑圧してきた」のかという認識のズレ。

その歴史認識と立場の違いが、銃暴力は生活を守るのか、社会をより不安定にするのか、という大きな認識の違いにつながっているのではないかと思う。

暴力を制御するのは暴力以外にあるとしたらそれは何か。

銃擁護派は、おそらくマーチ参加者たちを「現実をよく知らないお花畑の人」と考えているだろうし、マーチ参加者たちの多くは銃擁護派を「閉じた恐怖の世界から出られない誇大妄想的に怖がりな人」と考えていると思う。

銃規制の問題は、哲学的な対立なのだ。


にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ