2018/10/13

 SFMOMA


ラウシェンバーグ展観に行ったSFMOMA(サンフランシスコ近代美術館)。
だいぶ前ですよ。今年の春ごろ。
かなり大好きな美術館のひとつです!



公園側の正面入口から見た建物。この微妙な円筒がついている部分は1988年ので、建築家マリオ・ボッタが設計したもの。これぞポストモダン!という見本のようなビルです。

わたしはあんまり好きじゃなーい。なんかこのシマシマと茶色の組み合わせも。
80年代ですねー。

ウェブサイトのdezeenによると、オープン当初の反応もあんまりよくなかったらしい。

SFMOMAはこのビルを保存して、そのうしろに新しいビルを建て増し、2016年にリニューアルオープンしてます。

茶色の部分がボッタの建物で、うしろの白い微妙に歪んだ立方体の建物が新しいビル。
増設部分は、オスロの設計事務所スノヘッタが担当。
北欧らしいすっきりしたビルは、ボッタのビルとまったく対照的なんだけど、中に入ってしまうと違和感がないのが素晴らしい。


となりのビルの屋根に寝ている人が!


内部は、新しいビルと古いビルの継ぎ目にまったく気づかないくらい自然です。

メジャーな美術館としてはどちらかというと土地面積が狭いほうかもしれず、縦に長い(8階建てだったかな?) スペースだけど、入り口ロビーの階段の吹き抜けがどかーんと大きいし、カフェもオープンエアで広々していて、すごーく広い印象を受けます。
ショップも広い。


カフェのビーツサラダ。おシャレでござる。
ケーキやコーヒーもあり。ここのコーヒーはilly。


これがあの妙な円筒形の下の部分。


ルイーズ・ブルジョワさんの蜘蛛たちの展示をやっていた。


食事ができるカフェのほかに、建物のちょうどまんなかあたりにもコーヒーショップがあって、展示を見て疲れたあとにささっと休憩ができてとても便利。

もう1軒、1階にもすこしフォーマルなレストランがあるそうです。



コーヒーショップは地元サンフランシスコのSightglass Coffeeというロースターが入居してます。
北欧風の明るいナチュラル素材、クリーンなライン、ミニマルな家具。

ところでいま。日本で藤田嗣治展やってるんですよねー。京都に観に行きたいーーー。


にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

2018/10/12

ラウシェンバーグ展


ずいぶん前だけど、サンフランシスコ近代美術館にロバート・ラウシェンバーグ展を観に行った。


ラウシェンバーグは1925年生まれ、2008年没。第二次大戦中は徴兵されて海軍に所属、戦地には行かず米軍病院に勤務して、終戦後、「GIビル」(兵役を終えた人に支給される連邦政府の奨学金)でアートカレッジに行って美術を学んだ。

第二次大戦直後にGIビルで美大に通って芸術家になった人は意外に多い。

日系部隊で戦ったハワイ日系人の中にも、戦後東海岸の美大を出てアーティストになった人が何人かいることを先日知った。

1940年代後半に美術学校を卒業した野心的なアメリカ人アーティストが行くべき場所はただひとつだった。芸術の中心地の座をパリから奪い取ったニューヨークだ。


当時のアートシーンでは「抽象表現主義」が時代の最先端で、ジャクソン・ポロックに代表される「アクション・ペインティング」がいちばんクールで注目されていた。

そのなかで他の人がやっていない、もっとクールでもっととんがった、もっと時代に呼応したものを造るのがアーティストの使命なのだった。

「描く人の内面生活を、絵筆のストロークを通して描き出そうという抽象表現主義に対し、ラウシェンバーグは、アートは私たちが毎日出会う膨大な情報を取り込み、反映するべきだと考えていた」と、展覧会の解説にあった。

ラウシェンバーグがニューヨークデビューしたばかりの1950年代はじめの作品は、アートで表現できることをあらゆる面からとらえなおそうとする実験精神あふれるものばかり。



車のタイヤにインクをつけて紙の上に走らせただけの作品。

新聞紙を貼り、その上に光沢のある真っ黒なエナメル塗料を塗りたくった作品。

 別の画家の鉛筆画を消しゴムで消すことによって、「消した」という行動を作品化した作品。

石にひもをつけて釘にむすびつけた作品。

「うわーーー、こりゃー楽しかっただろうなあ」 というのが素直な感想だった。


毎日毎日、最先端の新しいアイデアを考えついては大真面目で取り組んでみる。

まだ誰も考えていないアートの手法、誰も表現していないもの、つまり未開拓のフロンティアがあった幸せな時代。

彼らの前にはブルーオーシャンがひろびろと広がっていた。

1950年代のニューヨークで生まれたそういう作品群は時代に愛された。

彼はいちやくスターになっていく。ラウシェンバーグ、20代後半。

そして次にラウシェンバーグが編み出したのは、布、雑誌の切り抜き、日用品といった雑多なものをキャンバスに取り入れた「コンバイン」ペインティングという技。

 当時、時代を席巻していた抽象表現主義は、「アクション・ペインティング」に代表されるような、勢いのあるストロークが特徴だった。

ラウシェンバーグの作品はその乱暴なまでの筆使いをそのまま取り入れて、それをまったく関係ないものと組み合わせる。

たとえば、自分が使っていたベッドの上半分に、むちゃくちゃにペンキをなすりつけたような作品「Bed」(1955)。

下半分は、どのアメリカの家庭でもおなじみのアイテムだった、パッチワークキルトのベッドカバー。 アップルパイと同じように、アメリカの古き良き正しいファミリーを象徴するアイテム。ありふれて平凡で、変わりようのない制度を代表するようなアイテムだった。

それと先進的な知的芸術であるはずのアクションペインティングを組み合わせる。アートにとっても、古き良き正しいファミリーの価値にとっても冒涜的な挑戦だったのではないかと想像できる。


散歩の途中で買ったアンゴラ山羊の剥製に、拾ったタイヤを組み合わせ、それを抽象表現主義ふうの抽象画の上にのせた「Monogram」(1955) 。

この「モノグラム」はラウシェンバーグの代表作の一つとされている。

この作品がニューヨークのアート界に与えた衝撃は、きっととてつもなく大きかったのだろう。
 抽象表現主義は、宗教的といってもいいような厳粛さでアーティストの内面をキャンバスに叩きつける、そのおごそかな真面目さとパワーが身上だった。

ラウシェンバーグの「モノグラム」は、その真面目な抽象表現主義の上に、人をくったようなヤギの剥製をのせた。 しかも、タイヤをはいたヤギだ。

なめとんのかコラ!と思ったアーティストも多かったことだろう。

でもラウシェンバーグはふざけていたわけではなく、これが世界を表現するあたらしい方法である、と大真面目にプレゼンテーションしてみせたのだ。

もはや自分の内面だけ語るのは古い。世界は偶然に出会ったヤギとかタイヤに語らせるべきであると。



パンクである。まだ世界はビートルズもローリング・ストーンズも知らなかった。

もちろんセックス・ピストルズも、ラップも知らなかった。

世の中が変わっていく予感があちこちに充満していたけれど、まだまだ決まりごとの多い世界だった。男は男らしく、女は女らしく。ホモセクシャルは暗いクロゼットの奥に隠れているしかない社会だった。

決まりごとがほころび、崩壊していく予感を、きっとアーティストや若者たちはギラギラした喜びを持って抱きしめていたことだろうと思う。

ラウシェンバーグはゲイでもあったが、まだおおっぴらにカミングアウトできる時代じゃなかった。同性愛者が犯罪者のように扱われる時代であった。

 俺が既成の概念を壊してやる!しかもカッコよく! という気概が、ラウシェンバーグの作品にはみなぎっている。



そして実際にカッコよい。その楽しげなところがとてもカッコ良いし、乱雑に塗りたくっただけのような黒い画面にも、ひもをくくりつけた石にも、ダンボールのつぎはぎで作った作品にも、美しい質感があり、統一感があり、完結性があり、見る人がつながることのできるオープンさがある。

なぜそうなるのかわからないけど、彼には美意識の魔法があった。

彼の作品は有名になり、親友兼ロマンチックな交際相手でもあったというジャスパー・ジョーンズと一緒に「ネオ・ダダイスト」と異名をとるグループの中の重要なアーティストになっていった。


たがいに関係ないものをむちゃくちゃにコラージュしたような、雑多な画面は、1960年代にはじまったテレビの時代、日常生活に情報がどんどん氾濫していく時代を敏感に反映していた。


ラウシェンバーグたちのすぐあとに、ポップアートの時代がやってくる。


これは1968年の作品、「Mud Muse」。
ベントナイトという粘土を溶かしたねっとりした水の下に、コンプレッサーで空気を送って、ボコボコとわきたつ温泉のようにする装置。


なぜだか人はこういうものに見入ってしまう。

暖炉の火や波に見入るのと同じ感じですね。


村上隆が以前にツイートで 、

「コンテンポラリーアートを「体感」とか言って、鑑賞者のあるがままで見ようとしている方。それじゃ絶対にわかりませんよ。文脈わからないと。さっき音楽のhiphopの世界との比較をしてみましたが、文脈を理解しているといないとでは見方、感じ方、考え方が全く違います。」

と言っていた。
アートの価値を云々語るならまずその前にコンテクストを勉強せよ、と。
それは、たしかに正論。



それは正論、ではあるけれども、コンテクストを知らない人にも「体感」で一定のインパクトがなければアートとして成立しないんじゃないかと思う。

20世紀のアートは、音楽と同じように、それまでのものを否定し乗り越えることで変わってきた。

でもそこにあるのは言葉による「理由」や「説明」だけではない。

優れた作品は、常に常に、重層的なもの。

積み重なった中には、たくさん情報がなければ理解できない部分もあるが、言語的な情報がなくてもつたわる部分もあるし、おそらくはそれが最も強い力だと思う。

ビジュアルや音の存在感、質感、迫力、それと周囲の世界、その時代との関係。

作品そのものが放つ世界観と美意識。あるいは同時代の美意識そのものへの挑戦。

アートの文脈を正確に知らなくても、言語で説明すべき意味を飛び越えて、不意にその切実さ、同時代性、迫力、主張が共有されることがある。それがアートの力だと私は思う。

もちろん、誤解もあるわけだけれど、言葉を尽くしても誤解はなくならないわけである。



そのアートがある程度の普遍性を持っているのならば、そのアートの挑戦しているコンテクストは同じ時代に(あるいは少し後の時代に)生きる人間として、見る側にもある程度共有されているはずだ。

と、わたくしは思うのですがね。



にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

2018/10/08

言葉ってなんだっけという話


先日Kちゃんがまた作ってくれた、史上最強のポップオーバー。

先月末のデジタルクリエイターズに寄稿した記事をNOTEに載せました。
あらためて、言葉ってなんだっけという話 

春に言語学を受講して、そのあとスティーブン・ピンカーの書籍『言語を生み出す本能』をようやく読み終えたらうわー面白かったよー、という話です。

お暇なときにご笑覧いただければ嬉しいです。

しんのすけ君出演してます。名刺にも使わせていただいたお気に入り画像。


にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ


雨が来た


シアトルに雨が戻ってまいりました。
もう晩秋の気配。10月だもんねえ。


長い雨の日々をすこしでも明るく楽しく。と、ことしの春先にド派手な傘を買いました。
MOMAのリキテンスタインのやつ。


モデルはノラちゃんです。

あとはちゃんとしたレインブーツがほしいなあ。シアトル在住歴が9年になるにもかかわらず、レインブーツを持っていない。

今年の夏、京都で大雨に遭って足の指がふやけるほど靴が濡れ、新京極で靴やに駆け込み、店員さんに「ふやけちゃってますね(プッ)」と笑われつつレインブーツを買って履いて帰ったんだけど、スーツケースに入り切らず東京においてきちゃった。


お天気がよかった先々週。近所にゾウがつる下がってました。

なかなかよくできたステキなゾウだった。なぜそこに。

先週あたりからは街中、ハロウィーンのカボチャや蜘蛛やガイコツや化け猫や魔女でいっぱいです。


にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

2018/10/03

うちの新しい同居人


たしかハワイ時代からかれこれ10年以上は使っていた安物の壁掛け時計がいよいよ動かなくなったので、MUJIの鳩時計を買いました。

お手ごろ価格のシンプルな時計があまりなくて。



この子は豆蔵(まめぞう)と命名。

家で仕事してるときはずっと窓のない壁とモニターに向かってすわりっぱなしなので、30分ごとに誰か(鳩だが)が出てきてハローと言ってくれるのはいいかも。と思ったのでした。ハロー豆蔵。

仕事の区切りがつけやすくなるかな、という期待も。

目標はもちろん立てるけど、締切直前でもないとつい進捗がダラダラしがちになるので、
「次にあいつが出てくるまでにここまでやらなきゃ!」というプレッシャーを自分にかけてみる。



文字盤の下にセンサーがあって、暗くなると豆蔵はでてこなくなる。
ので8時をすぎたら練り消しゴムをセンサーの上にこうやって↑つけているのですが、朝の8時になって外が明るくなると、練り消しがくっついたままでも豆蔵、出てくるんです。

消しゴムはぴったりくっついてるから、上の豆蔵ハウスの穴からセンサーのほうに光が漏れているのか。まあいいけど。

ところでようやくポートランドにMUJIストアがオープンしたそうだけど、いったいシアトルにはいつ来て暮れるんでしょうか!全米でももっともMUJIにあったマーケットのひとつだと思いますけど!はやく来て!


にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

2018/10/02

猫レスキュー


きょうのシアトルタイムズに出てた、ねこのレスキュー話

ウエストシアトルで、アライグマにでも驚いたのか、40フィート(12メートル)もある電柱のてっぺんに登って下りられなくなった猫くん。

飼い主は警察に電話し、消防署に電話し、電力会社(Seattle City Light)に電話し、動物レスキュー会社にも電話してみたけれどらちがあかなくて、しまいに地元の政治家(市議会員的な人)にメールを送ってみたら、その政治家が電力会社にメールして、そしてすぐさまレスキューがやってきたと。

電力会社は、別に政治家に驚いたわけじゃなく、そのタイミングは偶然だったといってるそうです。


いずれにしても猫さん無事でよかった。

「うちの仕事は電力供給であって猫のレスキューじゃありません。こういう話が出ると猫が電柱に登ったオーナーがじゃんじゃん電話をかけてくるかもしれない」と電力会社は恐れており、「猫が電柱に登っちゃったら、たいていの場合はちょっとまっていればお腹がすいて降りてくると思う」と言ってます。ふふん。

政治や経済のニュースもフットボールも野球もこのところほぼ完全スルーなのに、猫レスキューねたには反応するわたくし。

いまの日本でこのような記事が出たら、自己責任でどうにかせいとか甘えるなとかギャーギャー言う人がわらわらわらわら出てきて炎上するんだろうなあ。

去年、有名人が公園の花の蜜を吸ったとブログに書いたらそれが炎上したという話を読んで、なんだそれきもっ!と思ったことだった。少数のおバカの声がインターネットで増幅されるのはどこも同じだけど、日本では正義の看板しょってクレームつける人が多いのはどうしてでしょう。

イライラしている人が単に多いのかしら。そういう人はきっと、自分がイライラしていることにもあまり気づいてないんだろうなという気がする。



にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

2018/10/01

毛糸を買った


こないだジェニファーちゃんと一緒にベインブリッジ島の毛糸屋さんに行ったら、見たとたんに無性に欲しくなって、毛糸をひと巻きと編み針を買いました。

マルチカラーの糸。マフラーにします。超シンプル。

30年ぶりくらいの編みもの。

編みものマニアのジェニファーちゃんに編みはじめの目を作ってもらった。出だしの部分どうやるかの手順は、すっかり忘れています。
でもタテ編みとヨコ編みはちゃんと手が覚えてた。

編みものってなぜか知らないけど癒やされる。

なにかの合間に1段編むだけでもほっとする。毛糸の手触り、明るい色、なにかが着実にできてくるという、この間違いなさ感。ああ世界は今日も大丈夫って感じがする。

リビングの真ん中において、通りすがりに1段。
仕事の休憩のたびに1段。
お湯を沸かしながら1段。

と息抜きに。別に息抜かなくていいときでも。癒やされる〜。

ジェニファーちゃんは100人以上顧客を抱えてる保険エージェントでむちゃくちゃ忙しい人だけどいつも編みかけの何かを持っている。映画館にも持ってきていた。

そういえば、前いっしょに仕事してた中に、フルタイムの弁護士でありママであり、常に何かしながら一瞬でも手があくといつも編み物しているスーパー頭の回転の速いウーマンもいた。編みものなんかするのは時間をもてあましたおばあちゃんなんてぼんやりしたイメージがあったけど、あまりにもステレオタイプすぎでしたね。

CTちゃんが、前にバラードロックに行ったとき、漁船の中でいかつい漁師の兄ちゃんが編み物しているのを見たって言ってた。それ見てみたい!

漁師といえば、


『マン・オブ・スティール』のヘンリー・カヴィル。
この映画はこの筋肉もりもり漁師シーンしか覚えておりません。ガテン系萌えの王道。
編み物はしてなかったけど超人パワーで同僚を救出し、なにこいつきもっ!とハブられていた。

こんな漁師の兄ちゃんが編み物しているところが見たい。



にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

2018/09/29

スイートホームを公園に ブローデル・リザーブ


先週末。
友人のジェニファーちゃんと、ベインブリッジ島のブローデル・リザーブ に行ってみました。

それぞれ木材業で財をなした家に生まれたブローデル夫妻が1950年代に購入した邸宅と広大な敷地を保存して一般公開しているところ。

入園料は、おとな17ドル。


建築も20世紀のあたらしいものだし、庭園も別に名園とかではないのだけど、地元の人たちに大切にされているようで、とても手入れが行き届いてます。

この庭園のためのNPOが経営管理していて、会員やボランティアの人たちが熱心に参加しているっぽい。

大富豪のもちもの > NPO化 > 地元のボランティアが活発に参加して運営

というのは、アメリカですごくよくあるパターン。

良くも悪くも民営・非政府ダマシイが強いアメリカ。公園とかこういう公共のものを自律的に自主的に、自分たちのものとして運営していく情熱はすばらしいなと思う。


広い芝生のむこうにピュージェット湾が見えるリビングの窓。

 絵本のようなスイートホームですね。


トレイルは1周2マイル、約3.2キロ。
むかしは羊を飼っていたそうで、羊用の小屋もある。


雨の多い米国北西部ではすぐにベンチが自然に還っていくのです。


かなり広い池もいくつか。

自然をちんまりと人工的な世界に再現する日本の庭園とはまったく違い、パシフィック・ノースウェストの森林や沼地をところどころ自然のままの姿に取り入れた、ワイルドな庭園です。


邸宅の裏手の斜面に生えている大きなカツラの木。

カツラの葉の甘い香りを、ジェニファーちゃんは「コットンキャンディ(綿菓子)の香り」だという。


日本庭園と日本風のテイストを取り入れたミッドセンチュリー風不思議建築のゲストハウスがあります。

日本庭園はクボタガーデンのクボタさんが作庭したそうです。



でもこういう自然のままの森を残した部分が一番魅力的。
朽木の株に自然にむらがった若木とシダと苔が、草月流いけばなの作品みたい。


ジェニファーちゃんはわたしよりちょっとだけ上なんだけど、数年前に髪を染めるのをやめたそうで、見事なシルバーの巻き毛がゴージャスでとても似合ってる。

シアトルのインテリマダムたちは銀髪の人が多くてカッコいいなと思うけど、アジア人がシルバーヘアにしておばあちゃん風でない迫力を出すのはかなり難易度高そう。




にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ