2020/08/04

愛の不時着とかサバの塩焼きと白玉ぜんざいとか



きょうも爽やかな夏のシアトル。東京も梅雨明けしたそうですね。
もうしわけないほど快適な夏だけど、あの東京の暑気と蝉の声とかき氷も懐かしい。

ゆうべは見事な満月でした。
いまは、夜遅くの東から南の空に木星、土星、月、そしてすこし離れて火星がならんでいて、とても豪華です。夜の散歩がたのしい。

化学療法がはじまって、2週間に一度の火曜日にいろいろなクスリを点滴でいれています。2週間おきに、ステロイド剤でやたら元気になる水曜日、そして完全にダメな人になる週末。

青年が帰ってきてくれて、実際すごくたすかってます。きょうは、おもいきりダラダラしている間に、サバの塩焼きと豆腐大盛り豪快味噌汁をつくってくれた。




冷凍サバだけどめっちゃうめー。大根おろしがなかったのが残念。
ご飯も、炊き加減ばっちりでした(炊飯器がないので毎回スリリングです)。

あちこちで話題になってる『愛の不時着』第二話をNetflixでみながらサバを食べました。




北朝鮮のディテールも会話もキャラクターも濃いプロットもすごく面白いんだけど、エピソードが長い! 1話分で70分とか80分とかって長過ぎて、ちょっと疲れる。
盛り込まれてるギャグや人情の機微も、韓国風味はこってりしてますね。

これはビンジウォッチングできないです。1週間に1話くらいでお腹いっぱいってかんじ。

韓国ドラマは『冬のソナタ』以来です、たしか。冬ソナは、ホノルルのアラモアナセンターのちかくにあった貸しビデオ屋さんでVHSテープを借りてコンプリートしました。何年前だろう。

このところ、晩ごはんはなにかしらドラマとか映画とかを見ながら食べています。




『フォードvsフェラーリ』はすごくよかった!!!!! クリスチャン・ベールがいままでみた中で一番かっこよかったです。バットマンよりも!…なんていうと出演作全部見たかのようですが、みてません。私の知る範囲のクリスチャン・ベールのなかで、という小さい話です。

でもこれでファンになっちゃったくらい、かっこよかったです。ていうか、こういう可愛い夢見るおっさんが好きなのかも。マット・デイモン演じるキャロル・シェルビーもかっこよかった。カウボーイハットをかぶったテキサスなまりの車のセールスマンなのに、めっちゃかっこいい、ずるい。世界がこういうおっさんばかりだったら楽しいのに。







奥さん役のカトリーナ・バルフは、Netflixの『アウトランダー』の主役クレア(このシリーズもそういえばシーズン2まだコンプリートしてなかった。長いドラマは途中で根気がつづかなくなってくる)とはぜんぜん違う顔で素敵だった。

透明感あってキレイ。この人、『ストレンジャーシングス』のエルちゃん役ミリー・ボビー・ブラウンちゃんと血縁?と思うくらい似てると思うのだけど、そう感じるのはわたしだけ?ミリーちゃんは英国、カトリーナさんはアイリッシュ。さらに今回は、わたしの崇拝するジュリエット・ビノシュにも雰囲気が似てた気がする。あのあたり(おおざっぱに)の女優さんのいち典型なのでしょうか。アメリカではなぜかほとんど見かけないタイプの繊細さ。





キレイだなー。この髪型だとジュリエット・ビノシュっぽくありません?




こちらは、先週暑い日につくった白玉ぜんざい。モリンガ粉末と豆腐入り白玉に、ずっと前にいただいた京都のプレミアム小豆。

冷茶は、去年の夏に高幡不動で買ったスティック桑の葉茶。ほんとに鮮やかなグリーンです。

また行きたいなー、高幡不動も。



にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

2020/08/02

ぎょうざ大失敗



ひっさびさに餃子をつくりました。

タネをつくったところで疲れはてて息子にバトンタッチ。うちで最後に餃子をつくったのはもう何年も前なんだけど、青年はまだちゃんと手順をおぼえていて、職人魂を発揮してました。
破けているのもありますな。

ここまではよかったのだが。




今回はスキレットで焼いてみようという野心を起こしたのでした。吉祥寺の「一圓」で、お兄さんが鉄板で焼いていたジャンボ餃子が親子ともども忘れられないのです。一圓の餃子が食べたい。

餃子の焼き方はいろいろな流派がありますね。水を先に入れる派、あとから入れる派。

今回はそのへんの研究をきわめないままに焼きはじめてしまったために、かなしいことにまっ黒焦げになってしまった。スキレットの火加減はむずかしい。



ざんねーん。残念なあまり手ブレしています。

のこりの餃子で敗者復活戦だ!と意気込んでいたら、うっかりそのまま油を敷かないで皿のうえに放置していたために、のこりのすべての餃子がぴったりとすきまなく団結してしまっていました。これを皿から剥がしてスキレットに移すのは二人がかりでした。



そのため、第2弾は統合されたユニ餃子に。

青年はリベンジマッチを誓っています。

餃子はむずかしい。


にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

久しぶりのカフェ&巨大な豚



ひさびさに、カフェにいってきました。
3月のロックダウン以来、時々テイクアウトはしていたけれど、座ってお茶するのは初めてです。

屋外席のある、グリーンレイクの近くのArmistice Coffee

新しいアパートメントビルの1階にあり、まわりの町並みもインテリアも、なんとなく東京みたい。

しかしなぜかこの真夏の真っ昼間に火が燃えていて暑かった(この日は摂氏32度)。




コーヒーじゃなくて、ターメリックのラテにしました。おいしかった。

時短営業で5時に閉店。1時間ほど気持ちよく仕事できました。



うちの青年が日本語学習に使っているアプリ、Duolingo。

ときどき、ん???と思うような例文があって興味深い。

「巨大な豚を見たの?」???

いったいどういうシチュエーションなんだろうか。

「あなたの家にはメイドがいますか」
「このボスは強すぎます」

ていうのもありました。



にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

2020/08/01

充電ステーションその後


近所の桃です。ふつうに道端に(お庭ではなく、歩道と道路のあいだに植えられている)わさわさなっている。




りんごも豊作です。ほんとうちの近所、果樹が多いのだけど、ほとんどがほったらかしにされているようです。リスに食い荒らされてたり。今はりんごが道にゴロゴロ落ちている。

一つひとつていねいにカバーをつけられているりんごや桃の木も、たまに見かけますが。

ところで先日発見した、ハミングバード(ハチドリ)の充電ステーション

しばらくたってからまた見に行ってみたら、なんと!


ちっちゃい子が2羽充電中でした!
この巣で生まれたのでしょうか。成鳥でも蝉くらいの大きさしかないのに、さらにちっちゃい!


(拡大しただけ。粒子が粗い!)


"hummingbird nest” で画像検索すると、信じられないほどかわいいハチドリの子育て写真がザクザクでてきます。

このサイトによると、ハチドリは完全母子家庭で、巣を作るところから子育てまですべてママ鳥がやるそうです。

卵が孵るまで2週間ほど、それから子どもが巣立つまで2週間。

子育て期間、短っ。

うちのリビングの目の前にあった雀アパートからも(去年もこの時期に書いたけれど、うちのすぐ目の前にとなりの家の壁があり、その壁に取り付けられている電線のカバーのようなものの中に毎年雀が巣をつくっているのです)先週、3羽の小雀たちが巣立っていって、急に静かになりました。

ハチドリと違い、雀の家庭には両親がそろっていて、親のどちらかが餌をもって帰るたびに巣の中からピャーピャーピャーピャー大騒ぎが聞こえてきたし、ブルージェイやカラスが毎日のように覗きに来るたびに(卵を取って食べたりしちゃうのでしょうか)親が特別にけたたましい啼き方で騒ぐので、それが聞こえてくると、はいはい、とベランダに出て、ジェイを追い払ってやったりしてました。

巣立ってしまって、雀の番人のお役目がなくなり、ちょっと寂しい。と思っていたら、今朝、巣立った子たちが3羽つれだって、実家に遊びにきてました。まだフワフワ感があってかわいい。

雀の社会ってどんななんでしょうね。カラスや雀など、人間のそばで暮らしてる鳥たちは、なんとなく人間社会に似てる気がして面白いです。



にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ