2017/10/16

クカニロコ


オアフ島で行ってみたかった場所。
ワヒアワにある「クカニロコ・バースストーン」 。

ホノルルの方からノースに行く途中の道端にあります。
スコフィールド陸軍基地を通り過ぎ、H2のハイウェイの終点の先、ワヒアワの街を抜けてすぐの左側。

ここも何十回となく通ってるのに、こんな遺跡がハイウェイのすぐ近くにあったなんて、ぜんぜん知りませんでした。

マダムMが以前行ったときには中に車が停められるようになってたそうですが、現在は入り口に柵がしてあります。


逡巡したすえ、奥の方で掃除をしているようなので柵の前に車を停めて近づいていくと、メンテナンスをしていたおじさんが「そこに停めちゃだめだよ。道端に停めな」と教えてくれた。最近あまりにも訪問者が多くなり、物を盗まれたりするトラブルがあったようなので、入り口を閉めることにしたのだそうです。

カメハメハ・ハイウェイの両側は草地になってるので、その辺に路駐して歩いていく分には普通に入れます。


ここは古代のハワイの王族の女性たちが出産する場所だったそうで、このサイトによれば、こういうバースストーンはハワイ中にあるのだけれど、王族用と決められていたのはこことカウアイ島の一箇所だけなのだとか。

上の写真で右側の木立があるあたりがその遺跡で、大きな石がごろごろと赤土の中に置かれていて、まわりは花壇のように石で囲ってある。


マダムの話だと、以前は真ん中まで入れるようになっていたそうだけど、今は「No Public Access」という札が立っていたので、立ち入りは遠慮しました。


なんでも最近ここはパワスポとして有名で、安産祈願とか子宝祈願とか、婚活祈願までしにくる人が続々やってくるのだそうです。



周りを囲む石にはいくつもレイがかけてあり、真ん中の石にもレイがかけてあった。

ハワイアンの人々からすれば自分たちの聖地なわけで、あまり観光客にわさわさ来てほしくないという気持ちがあるのかもしれない。



実はここについての記事を先日翻訳する機会があって、それで是非行ってみたかったのです。


オアフ島の「おへそ」とも呼ばれる、島の中央に位置する開けた台地にあって、遠くに見えるワイアナエ山脈の右側の山が、仰向けに横たわる妊婦さんの姿になぞらえられている。

これはいつごろからそう言われ始めたものか。

気持ちの良い風が吹き抜ける、爽やかな場所でした。

晴れ晴れした場所だという以外、わたしは何も感じなかったけど、マダムはなんだかすごいパワーを感じてしまって大変だったそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

2017/10/15

日系人部隊のメモリアル

ワイキキーー。


朝食を食べて部屋に戻る途中、フォート・デ・ルッシー公園を通ったら、第二次大戦に従軍した日系人部隊のためのモニュメントがあった。

こんなワイキキの真ん中に、こんな記念碑があったとは。
恥ずかしながら、全っ然知らなかったです。

「Brothers in Valor メモリアル」というのが正式名称で、できたのは比較的新しく、1998年。わたしがハワイに引っ越したころだ!

その頃は、ハワイについて(その他の様々なことに加え)本当に何も知らず、日系人部隊の話ももちろんまるで知らなかったのですが。

有名な第442連隊戦闘団、第100歩兵大隊、第1399工兵隊、さらに情報部に所属した日系兵士をあわせて讃えるモニュメントです。

レイが捧げてあった。

このサイトによると、このモニュメントは日系アーティスト、ブンペイ・アカジさんの作品。

アカジさんご自身も442部隊の帰還兵だったんですね!イタリア戦線を戦い、フィレンツェで美術に感動してそのままイタリアで美術を勉強したのだそうです。そしてハワイ大学の美術学部も卒業。

アカジさんの作品はアラモアナショッピングセンターにもあります。

先日の、これです。

ハワイ州立美術館のギャラリーで作品を見たサトル・アベさんも、ハワイに戻ってからアカジさんに溶接技術を習ったのだそうです。

日系部隊の話についても、アメリカの日系人そのものの歴史についても、なぜかなんとなく日本からはとても遠い存在のような気がするのだけど、そんなことないでしょうか?

少なくともわたしが日本にいた頃は、自分にとって、日系アメリカ人はアメリカそのもの以上に遠い存在だった気がする。

日系アメリカ人を扱った日本の映画や小説もあるにはあるけど、それでもなぜか、とても距離があるような。わたしがそう感じるだけなのかな。

わりと最近では、5年くらい前かな、草彅くん主演で、日系人を扱った橋田壽賀子作ドラマがあったけど。
シアトルも舞台として登場したことだし、ちょっと見てみたのだけど、脚本がほんとうに生理的にだめで、最後まで観ることができませんでした。残念だ。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

2017/10/13

ハワイで買ったもの、買わなかったもの、母校と宝船


シアトルはもはや最低気温5度C、最高気温12度の季節に突入。暑い暑いと文句をいっていたホノルルにいますぐ帰りたい感じです。


オアフで買ったものはこれだけ。リリコイバターは美味しくて、もうすでにぺろりとたいらげてしまいました。こんなミニチュアサイズじゃなくてもっと大きいの買ってくればよかった。

ハワイに行ったらクリスマスベリーの蜂蜜を買おうともう何年も前から思っていたのに(そんなにか!)、なぜかオヒア・レフアの蜂蜜しか買ってこなかった。フードランドで普通に隣に売ってたのに。なぜなんだ(本当になぜだ!)。
カフェイン模様のマグカップはお気に入りハレイワタウンのコーヒー屋さんの。

あとルピシアでお茶をもう2種類、シングルサーブのコーヒー4種類、イオラニ宮殿のトランプも買った。

あっそうれから、ハレイワでマダムに促されて水着を買ったんだった!なんと10年ぶりくらいにだ!

ハワイ島の新しい産地「カウ」のコーヒーが進撃中だと聞いてピーベリーを買ってみた。んーしかし、ローストが深煎りすぎて、あまり好みではなかった。息子は「焦げたチョコレートとカラメル」的な香りといい、味もわたしには平板に感じる。
でもシングルサーブの中の「プナ」のが、酸味が利いた軽い飲みくちで、すごくうまかった。


そして、フードランドで買ったキャンバスのエコバッグ。9ドルなり。
これは大きくて使いでがよさそう。キャンバストートがたまっていく。

カイルアにホールフーズができてて、ホールフーズの入り口にエコバッグ売り場があり、日本人観光客が群がっていたのでびっくりした。

カイルアで元上司のTさんとランチミーティングをしたのだけど、ホールフーズから徒歩5分の距離にお住まいのTさんによると、この数年で急に日本人観光客が増えたそうで、ホールフーズも半分くらいは日本からのビジターの売り上げでもってるんじゃないかしらね、と言ってました。カイルア人気なのねー。

わたしは最後に行ったアラモアナの新しいフードランドが、ホールフーズのハワイローカル版という感じで楽しかった。バッグとかのグッズも安いし。サラダバーのお値段はホールフーズと一緒でしたが。


息子がボーイスカウトの時にお世話になったお母さんに、息子へのお土産をいただいた。マカダミアナッツとリヒンムイ味キャンディ!

それからリリコイ味の「Island Lava」なるお菓子は最近ハワイでヒットしているらしく、マダムMも東京にたくさん買って帰られていた。


アラモアナ付近。このへんは昔仕事場があった懐かしの土地。


そしてEちゃんがクラスをとってるので、母校のホノルルコミュニティカレッジにも行っちゃった。ちんたら5年くらいかけてAAを取った学校です。
庶民な学校は相変わらずローキーなたたずまいで、ほんとに何も変わっていないのが泣ける。
ダウン・トゥ・アースな学校ですが、ベルリンの壁のかけらだってあるんだよ!写真撮ってくればよかった。

ついでに図書館で仕事をしてみた。まさかHCCの図書館で仕事をすることになるとは…。
いったい何をしているのか、開始後半世紀が経過してもまだやや謎の人生です。つづく。


母校近くのスリフトショップ「セイバーズ」はEちゃんが必ず行かねばならないスポットなのでおともしました。食器売場で仰天! たまにファイヤーキングやオールドパイレックスなどの出物があるのでEちゃんは目を光らせているそうですが、20世紀メイドインジャパンの手描き食器もいっぱい!

「ここは宝船(柄の食器)の宝庫よ」とEちゃんは解説してくれましたが、棚まる2つぶんくらいにジャパンな食器がもりもりいっぱいで超おもしろかった。

ハワイの歴史を感じるスリフトショップ。超ディープなハワイツアーとして、カリヒのセイバーズに観光客を呼ぶツアーを企画してみようかしら。

このゆるめの太ったエビと昆虫めいた痩せたエビのお皿(たしか3ドル99セント)を買おうかと本気で5分くらい悩んだ。きっとお正月用だったのか。どんなお家だったんでしょう。たのしいセイバーズ。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

ハワイの抽象表現主義&超クールな観音菩薩


ホノルルのダウンタウンから歩いて滝汗になりつつたどりついたホノルル美術館。
暑かったなあ。


中庭のやばい犬ベンチ。2時でしまっちゃうカフェのほかに、中庭にコーヒーカートが出来ていた。これは嬉しい。

この美術館には小さい中庭がいくつもあって、とってもなごむ。

企画展の『Abstract Expressionism: Looking East from the Far West』を観に行ったのです。この展覧会は撮影禁止だったので、ハワイアン航空の機内誌に載ってたこちらを。


この展覧会は小規模だけどとても面白い企画で、1950年代〜60年代にアート界の注目をニューヨークに集中させていたジャクソン・ポロックやマーク・ロスコなどのいわゆる「ニューヨーク派」の抽象表現主義の画家たちの作品と、同年代に活躍していたハワイ出身の日系画家たちの作品を並べて展示するもの。2018年の1月までやってます。

テツオ・オチクボ、タダシ・サトウ、ラルフ・イワモト、イサミ・ドイなど、ハワイの日系画家たちは全然知りませんでした。会場の説明を読んでいたら、第二次大戦に従軍したあとGIビル(復員軍人用の学費援助)で美術学校に行った人も何人かいた。

日系2世や3世のアーティストたちは、ハワイという特殊な場所で、移植された日本の伝統を生き、50年代〜60年代の特殊な時代にニューヨークの画家たちととても良く似た手法でとても良く似た世界観を、同じように張りつめた抽象表現で発表していた。
でもポロックやロスコみたいなスーパースターが浴びていたようなスポットライトの輝く舞台に上がることはなかった。

日系でスーパースターのアーティストといえばイサム・ノグチ。ノグチ作品も展示されてました。

ルース・アサワという女性アーティストの、真鍮と銅の針金で作った吊るす彫刻がとても素敵だった。



この人も全然知らなかったです。カリフォルニア出身の日系2世で、第二次大戦中は家族と一緒に強制収容所に送られ、そこからクエーカーの奨学金を得て美術学校へ行ったという人。

金属が素材なのにオーガニックで繊細なかたちで、ゆらゆら揺れて美しい影を作る彫刻。ずっと見ていたくなる。



ハワイのアーティストというとネイティブハワイアンのアートやトロピカル系を思い浮かべてしまいがちだけど、当然ながら素敵な日系アーティストもいっぱいいるのだった。

これは、ハワイ州立美術館の1階にある小さなギャラリー(カフェの隣)に置いてあった、サトル・アベさんの作品。
この方の作品も、ホノルル美術館のこの「抽象表現主義」の展覧会にフィーチャーされてました。
1948年にニューヨークで学び、50年にハワイに戻り、60年代にはグッゲンハイム・フェローシップを受けている。



この人の作品、すごく好きー! なんだかハワイだなあ、という感じがする。
あたたかくて有機的でダイナミックで、でもシンプル。

この方です。91歳で現役。
ちょうど翌週、ギャラリーのイベントに登場の予定だったのだけど、残念ながら帰る次の日で行けませんでした。


お値段も1000ドル台からと、たいへんお値打ち価格。
さいきんはやりのミッドセンチュリーモダンなお部屋にぴったりだと思いますよー。

そのうちハワイにお家を買ったらリビングに置きたいものです(涙。



こちらはホノルル美術館にある、超かっこいい観音菩薩像。
宋の時代の木像です。このポーズ!指!かっこよすぎる。
ものすごい存在感。ロックスターのオーラがあります。

ホノルル美術館の収蔵品は、小規模ながらアジア・中近東が充実。

やっぱりハワイは東西の文化が運命的に混ざり合う場所なんだなあ、とあらためて感じられる美術館です。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

2017/10/11

オアフ島で食べたもの


ハワイで食べるもの。
チャイナタウンのPHOとレナーズのマラサダはクリアしましたが、非常に!残念なことに!ワイオラ・シェイブアイスに行けなかった。涙。 ううー、また必ず近いうちに。



ワイキキ滞在だったので、リコッタパンケーキが評判だったBILL'S に行ってみました。

東京店に行って超がっかりだったとお怒りのマダムMに無理やりつきあってもらい。
パンケーキは、うん。ふつうにおいしかった。のだけど。
バナナと粉砂糖とキャラメルをかけただけのパンケーキで20ドルって、たかっ!

高級ホテルの朝食と同じだと思えば納得でハッピーなオーディエンスがいらっしゃるのでしょうけど。

庶民のあたくしはレインボー・ドライブインでいいです。
今回は前を通過しただけで行かなかったけど。


こちらは前回行ったときの、レインボー・ドライブインのフレンチトースト。



ハワイ通のマダムの意外に庶民な短いマストイート・リストのひとつ、サイド・ストリート・インのディープフライドポークチョップ。
ここの店は全然知らなかった。最近カイムキに2号店ができたそうで、超ローカル店なところが逆に日本人観光客に受けているらしく、ジャパニーズメニュウが出てきた。


そして、もう一つ、マダムの必須リストにランクインしていた朝日グリルのオックステールスープ。
ここの店の前は、オアフに住んでた時にたぶん1500回くらいは通ってるけど、一度も行ったことなかった。この写真も実は前回行った6年前に車の窓から撮っていたのでした。


そんな幻のオックステールスープ。シンプルでおいしゅうございました。
なぜ今まで行かなかったんだろう。 マダムのおかげで初めて食べられた。


これは最近、ていうかこの数年間のあいだにできた人気のプレートランチ店、パイオニア・グリル。日本人オーナーのお店だそうです。

旅の体力温存のため、オクラ、山芋、納豆、ポケのねばねば丼をチョイス。
6年前にホノルルを訪ねたときの友だちの半分は本土に引っ越してしまいましたが、のこっている組のひとり、Bくん。立派な青年に成長してました。おばちゃん、うるうる。


ここのお店はファンキーなヴィンテージグッズやオリジナルデザインのグッズでいっぱいで面白かった。


ほぼ庶民派レストランばかりだったんですが、ファンシーなお店にもちょっとだけ行ってまいりました。

アラモアナの近くの、地味な一画にあるMWレストラン
ここも3年か4年くらい前にオープンした、オアフ島のニューウェイブ。
アラン・ウォンさんの店で修業したシェフ夫妻の評判店です。

この青汁的なドリンクは、最近はやりのスーパーフードらしい「モリンガ」と抹茶のアイスティー。見たまんまの味。


アペタイザー、メイン、デザートつきのプリフィクスメニュー$25を注文しました。
トマトのスープ。ギリシャ風一口サラダ。アヒ入りぎょうざ。ぎょうざのタレがゆず入りでおいしかった。


金曜のランチだったので、店内はすぐに満席に。
ハワイらしいにぎやかなグループが多かった。


メインは、餅のコロモをつけたモンチョンという白身魚。
素麺の上にのっていて、ゆず風味のタレをかけて食べます。

モンチョンはとても美味しかったのだけど、付け合せのカブの漬物とオイキムチがなんだか投げやりな感じだった。
きっとローカル産のきゅうりとカブで、ものすごーく手がこんでるキムチなのかもしれないんだけど。

モンチョンは、和名「ヒレジロマンザイウオ」というあんまり聞かない魚。
「シマガツオ」科だそうですが、日本の魚屋さんで見た記憶はないー。


こんな子です。
Hawaii Seafoodさんからお借りしました。 このサイトには、「日本語名:モンチョン、Hire Jiro Monchong」て書いてある。なんだHire Jiroって。
もしかして日系移民の方々がつけた名前なのかもしれないですね。

モンチョンていうのがハワイ語なのかと思ったら、ハワイ語名は「ムカウ」だそうです。
英語名はSICKLE POMFRET 。

味の良い白身魚で、ハワイ沖で一本釣りされるらしく、地産地消志向のレストランで人気。


デザートに期待してたんだけど、サーバーのおっちゃんが「めっちゃめちゃ美味しいよ!」と太鼓判をおしていたバナナクリームパイが、あんまりにも普通でかなりがっくり。
「これならウチで作れそう」と悲しそうにマダムがつぶやいた。

夜はもっと気合が入ってるのかもしれませんが、キッチンにばらつきがあるのかも。
オーナーシェフが人を使ってレストランの味を守るのって大変なんでしょうね。



こちらはその数日前に行った、ハワイ州立美術館の中のカフェ、Artizen by MW

これも素麺の上に餅のコロモをつけてふわっと揚げた(パンフライかな?)ナスが乗っているという、似たコンセプトのメニューで、12ドルでした。
これも本当においしくて、本家MWレストランのモンチョンに劣らなかったです。


そして、分け合って食べたこの美しいタルト。これもめっちゃ美味しかった。5ドルだったかな。

コスパの点からいったらこのArtizenは素晴らしくおすすめです。
MWレストランのランチより、こっちのキッチンのほうが力が入ってる感じがしちゃった。

美術館も州立なので入館無料だし!ホノルルに行くならここはおすすめですよ!


にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

ショッピングモールの木


ワイキキの新しいインターナショナルマーケットプレイス。

昔はキッチュな屋台がたくさん並んでたところで、髪を編んでくれる屋台もあって、うちの息子を一度連れてったことがあった。
たしか40ドルくらい奮発したのに、頭痛がいたくなって1晩もたなかった。

闇市みたいにゴチャゴチャしてたのが、テスラのショウルームとか、ブルネロ・クチネリとか、アンソロポロジーとかが並ぶアップスケールなモールに大変身してました。



昔からあったバニヤンツリーは、もちろんそのまま取り込んである。
全米探してもこれほど巨木が生えているショッピングモールは他にないかもしれませんね。


1960年代に最初のインターナショナル・マーケットプレイスができた当時は、ティキバー全盛の時代で、キャッチーなハワイアン音楽のヒットで一世を風靡したドン・ホーさんのバーがここにあり、このバニヤンツリーの上にカップル向けのツリーハウスの特別室があったんだそうです。


このバニヤンツリーは樹齢160年だそうですが、今から30年後、50年後にもこのモールはあるのか。その頃のワイキキってどうなってるんでしょうね。


インターナショナル・マーケットはおしゃれな人々の間で「いんたま」というのだと教えてくれたのは東京にお住まいでハワイヘビーリピーターのマダム。

日本の略語おそるべし。

アラモアナセンターのほうでは、以前からハワイの「ネイティブ植物」を植栽に使ってて、新しいウィングにも目につきました。

ハワイで「ネイティブ植物」というと、
1)もともと島に自生している植物
2)ポリネシア人がカヌーで移住した際に持ち込んだ「カヌー植物」
の両方をさすことが多いので、ややこしいことがあります。



パンダナスとティー。この大きなパンダナス(ハラ)の木が、ショッピングセンターの中にあると迫力です。ライティングもドラマチック。



オープンエアはやっぱり良いですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ