2018/07/14

セーラー服おじさんにお会いしてきました


セーラー服おじさんにお会いしてきましたー。 


待ち合わせ場所は中野駅。
平日のお仕事帰りなので「B面」(サラリーマン姿)で登場かと思ったら「A面」(ごらんの服装)で改札にご登場されたので、同行のマダムMともども大騒ぎ。

途中、カラオケボックスで着替えてくださったそうで、着替えのはいったスーツケースをゴロゴロ引いてきてくださいました。



マダムともども超ハッピー。ありがとうございましたー!!



まずは焼き鳥屋さんにて。もつ煮込み、つくね、焼き鳥その他。

本業の学会にもこの格好で参加するので、会社(一部上場の大企業です)の経費で落とせないのだそうで…!しかしその上、このコスチュームで質問などをするため、登壇者にも非常にインパクトが強く、よく覚えてもらえるから、ちょっと普通ではコネクションがつかないような講演者の方ともつながったりするんだそうな。


道を歩いている途中でも、お店でも、何度も「写真を撮らせてください」と呼び止められる。
カバンについたしっぽとかピンクの腕時計とか、ディテール!
ハイソックスが似合いすぎ。


中野北口の奥に、こんな迷路のような飲み屋街がくねくね続いているなんて知らなかった。


2軒めは「坊主バー」。
カウンターにはお線香が燃えてました。カウンターに入ってらっしゃったのは浄土真宗の僧侶の方。今回、セーラー服おじさんと懇談していたため直接お話はできなかったけど。

 そしてこのバーが入っているビル「ワールド会館」がまたすごくて。


 ポストモダンなデザイン……なのか、非常に斬新なビルである。
むかしはホテルもやっていたらしく「ホテル入口」の看板が残っている。
アニソンカラオケとか坊主バーとかが入居してて、「攻殻機動隊」か『ブレードランナー』に出てきそうなカオス感。

こちらをいただきました。

 抹茶の入ったカクテルです。
マドラーを置くのは金剛杵。


お店にあった、ちょっと変わった曼荼羅。たしかネパールのだそうです。

デジタルクリエイターズのコラムに書かれてるとおりの知的な方で、最近いちばん面白いと思う、「意識について」の話などもっと聞きたかった。

セーラー服おじさんに「悩みはない」そうです。

私もこのところ、いわゆる悩むことに時間を使うのは気づいたら瞬殺でなるべくやめるようにしています。

自分のしたいことを考えていると、悩んでいる時間がもったいなくなってくるのですよね。

しかしあいかわらず欲は深いので煩悩はなくなりません。
日本にいると物欲が毎日炸裂しっぱなし。

滞在はあと数日。昨日は買ってしまった書籍を船便で送りました。その重さ8キロ。
送料約5000円なり。

でもまだ日本からだと船便があるので助かる。(米国から日本への船便はもうずいぶん前になくなってしまった)
郵便局の人がすっごく親切に手伝ってくれて、送料が次のレベルにいかないよう、8キロちょっきりに荷物を作ってくれました。

前回は運び屋(息子)がいたのでラクだったなー。お魚ロースターも手荷物で持たせられたし。


にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿