2018/07/01

水茄子と曽根崎


大阪に行ってました。大阪も人が多い。梅田はカオス。そして左側通行。

東京よりも、人の歩く速度が遅い気がする。単に週末だからか。



北浜のクラシックな建物。おもしろーい。
昭和初期?アールデコを独創的に解釈したかんじ。オシャレなウイスキーバーやらブティックやらが入っているらしいです。



大阪の女N美ちゃんがかっこいいお蕎麦屋につれてってくれました。
魯山人じゃなくて土山人。


鬼ちゃんがみはっている入り口もお洒落。

どこの街でもこういう古い建物のリバイバル的なお店がすごく増えてるね。
京都でも、今回2年ぶりに行ってみたら、あっちこっちに古めの民家を改造したゲストハウスがものすごく増えていた。


水茄子の刺し身!うまっ。
水なすって初めて食べたのだと思う。いや漬物とかは食べてたかもだけど、とにかく生で食べたのは初めて。
こんなにジューシーな茄子がこの世にあったのか。目をひらかれる思いでございました。
世の中には知らないことが多すぎる。


小鮎の天ぷらに「こもちこんにゃく」、サメの軟骨の梅あえなど、オシャレすぎるメニューで幸せでした。蕎麦も食べたよ。

お酒もおいしかった。なんとか光男という人名のついている日本酒がめちゃうまだった。


ポーズを取ってと頼むとだいたい素直に動いてくれる大阪の女、N美嬢。

大阪に生まれ育つということは、ボケとツッコミを言語とほぼ同時に習得しなければならないということらしい。
これは人がおもうよりもけっこう大変なライフスタイルなんだと大阪の女N美嬢は力説されてました。
 


そのあと中之島のこれまたオシャレなリバーサイドカフェで夜おやつ。

そして梅田まで歩いて戻りました。


曽根崎という、近松門左衛門で聞いたことある地区を通って帰ったんだけど、ここは独特。歌舞伎町をちょっとマイルドにした感じの地区である。
どうマイルドなのか説明が難しいけど、なんとはなしに当たりが柔らかい感じ。

そしてこのお寺さんが!衝撃的な建ぺい率で!


見てこれ!
そしてこの隣のビルは、焼き鳥と「DVD鑑賞ルーム」なのである。
こんなにはげしく煩悩に取り囲まれたお寺は初めて見たよ。



にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ


0 件のコメント:

コメントを投稿