2015/06/24

路地裏のアレグロ


ワシントン大学のキャンパス近くのUniversity District、通称「Uディストリクト」にあるカフェ「Allegro」。

University Avenue と15thの間の、ほんものの路地裏にあるのです。文学青年ジョーに教えてもらうまでぜんぜん知らなかった。


この古本屋さんの角を曲がった路地の2軒めにあります。この先はすぐ大学キャンパス。



たたずまいも店内の全然お金かかってない手作り感溢れる内装も、壁にかけられている多分地元アーティストの作品も、まったくオシャレじゃない方向性がなぜか懐かしい。
フォークソングが流れてそうな感じ。

神保町か早稲田あたりの、昭和の喫茶店の雰囲気に似ている気がします。

1975年創業以来、オーナーは2度替わったけれど、どちらも元々バリスタとしてこの店で働いてた人だそうです。
代々愛されている店なんですね。

そしてお客さんも大学の関係者が多いのか、「俺は絶対スタバなんか行かねえぜ!( ー`дー´)キリッ」というような空気を漂わせている、何かを語り出したら止まらなそうなベビーブーマー世代と、現役学生さんが半々くらいって感じ。
リベラルアーツな雰囲気でいっぱいです。


奥にも2階にも席があって、けっこう広々しています。2階席はどこかのクラブハウスみたい。


Wifiのパスワードはこれ! ログレディが!!

チェリーパイはありませんが、コーヒーは本物のツインピークスに出てきたカフェよりずっとおいしいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿