2012/07/10

ポートランド美術館 夏のモネ、北方民族、アメリカ美術


ポートランド1日目はたくさんおしゃべりを楽しんで、2日目はひとりで美術館へ。

ポートランド美術館は大充実でした!

SAM(シアトル美術館)とせいぜい同じくらいの規模だろうとタカをくくっていたら、ずーーっと大きくて、予定していた3時間くらいではとても全部観きれず。


ロココやバロックやオランダ絵画などヨーロピアン・クラシックの部屋は、ギャラリーごとに壁の色が違う。さすがに洗練された色使い。

フランシス・ベーコンは9月までの展示。

現代美術も充実しているし、ネイティブアメリカンのアートもかなり充実しているし、展示の仕方もすごく良い。なにが良いって、アジアやネイティブ民族のアートのところに地図があるのがうれしい。

博物館ではない美術館って、作品の解説はあるけれど、なかなかこういう背景説明の工夫がないように思います。

ネズミに乗るガネーシャ。

 これはネイティブ・アメリカンのアートの部屋で、たしかHaida(バンクーバー島より北の海岸沿いの人びと、トーテムポールを作っていた人びと)の作。

もっと極北の人たちのもあった。北にいけばいくほど、アートに凄みが出てくるような気がする。

かごめかごめ? ちょと怖い。

常設展示のほかに小さな規模の企画展が10も開催されていて、別館もあって、館内で迷うくらい広かった。


3時間くらい見たところで頭の芯がぼぅっとして来たので、カフェでエスプレッソをあおる(笑)。

ショップの横にカフェがあるのもうれしいところ。コーヒーを飲みながら書棚の美術本を手にとってみることができます。

 SAMはオサレレストランはあるけど、さっと入れるコーヒーショップがないところが残念。
(まあ、そろそろ疲れたと思うと見終わるくらいの規模でもあるのですけどね)


休憩して元気を取り戻してから別館へ。ここも充実! 

70 Years/70 Photographs という写真展は、70の写真を通して70年を振り返るというもの。
アンセル・アダムスのプリント、ひっくり返りそうなくらい、神々しかった。  


来る前にはサイトのトップに出ていた「カリフォルニアの印象派」という展示が点数も多いし、一番メインに見るところかなと思ったのですが、あまり感銘を受けず、さーっと通過。

でも思いがけず別館に「本家」印象派の小部屋があって、そこになんと、モネが5点もあったのでびっくり。

3点は個人蔵のを100日間借りて、夏の間だけ「5 Monets / 100 Days」と題して展示されているのでした。

こういう、常設のコレクションと借り物を一緒に展示するのもなかなか粋ですね。

そしてこの手前の作品が、すうごっく良かった! 

背の高い夏の花のむこうにパラソルをさした紫の女性が立っている構図。手前の明るい部分には、花の間にキャンバスの生地が見えるくらいのすかすか仕上げ。夏らしい生命力いっぱいの前景の花と、ほのぐらい木陰のバランス。 

この絵を見られただけでも、行ったかいがありました。

こういうのがリビングルームに飾られているおうちがあるんですねえ。ポートランドのお宅なのでしょうか。


 コンテンポラリーの常設にも、面白いのが多かったです。

図書室/ワークショップの部屋もあって、資料が充実しているし、この美術館が近所にあったら、ためらいなく会員になるかも、と思いました。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿