2015/10/30

道ばたの本の家


うちの近所を散歩していると、こんなちっちゃい本箱が道端に設置されてました。

ここに置いてある本は誰でも自由に持って帰ってよく、いらない本があったら誰か他の人のためにここに置いていっても良いというシステム。

コーヒーショップやバックパッカー向けホテルなんかによくそういう本棚がありますが、近所の道ばたに突然立っているのは新鮮。

この小さな家の形の本箱設置は、ウィスコンシン州のハドソンさんという人が始めたものだそうで、Little Free Library というNPOになっています。この団体では本箱の販売もしてる。作って設置した本箱を「チャーター」として登録するとマップに載るそうです。

自分ちの前にコミュニティ用の「マイクロ図書館」設置なんて、いかにもシアトルの人が好きそうなアイデア。うちの近所だけでも4箇所はあります。

近所にはこの「リトル・フリー・ライブラリー」というサインがついてる本棚も、そうでないのもありますが、いずれも手入れが行き届いてます。


こちらは「Little Free Library」のチャーターである看板を誇らしげにつけた本棚。
この間はナショナル・ジオグラフィックの古い号をここからもらってきました。


にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

6 件のコメント:

  1. これ素敵なアイディアですよね!うちの近所にもあります。でもこんなにおしゃれなお家じゃないけど。このお家、窓の部分、額縁ですよね。素敵〜。

    返信削除
    返信
    1. 額縁のリサイクルですね。ポートランドにもたくさんありそう!この団体のサイトにも個性的なデザインの本箱があって楽しいです。

      削除
  2. 初めて見ました!なんだか、安全で平和なご近所って感じでほのぼのします。いいですね〜!

    返信削除
    返信
    1. Mayさん、そうですね、わりに平和なご近所です。バラードの繁華街までは徒歩15分と、近くもなく遠くもない距離感が気に入ってます。
      とはいえ、配達された荷物が盗まれたり、なんてことも時々あります。まあ街中だから仕方ないですね。

      削除
    2. いつも親切に返信ありがとうございます。Tomozoさんのブログ凄い人気ですね。内容が濃く
      勉強にあるお話が多いので、皆さんも覗くに来るのでしょう。勝手に納得。才女のブログは楽しいです。Ballardまで歩いて15分だなんて、羨ましい。私の場合は、歩いて(橋が閉まってなければ)35分ほどはかかります、早歩きで。またお邪魔しますね〜。

      削除
    3. Mayさん、こちらこそいつもいらしてくださってありがとうございます。いやいやほんとに好き勝手な事をほそぼそと書きつけているだけのブログなので、読みにきてくださって嬉しいです。
      15thの橋ですか?あの跳ね橋の向こうからバラードまで歩いてらっしゃるんですね。あの橋、お天気の良いときに一度歩いてみようと思いつつ、まだ一度も歩いて通ったことがありません。車ではよく通るのですが。

      削除