2010/11/24

晩秋の雪

予報どおり、サンクスギビングの前にシアトル一帯は雪になりました。
21日の日曜日からちらちら降り始めた粉雪が、月曜の朝、ちょうどラッシュの時間に本格的に降り出して積もり始めました。


シアトルの人は雨には慣れていても、雪慣れしていません。雪が降り出したとたんに制限速度時速80キロの道も時速5キロくらいでノロノロ運転しはじめるし、スノータイヤをはいている人はとても少なく、なんでもない道でスピンしたり電柱や壁に追突する車が続出。いつも30分の道が3倍の1時間半くらいかかる大渋滞に。


でもそれは、ほんの手始め。
本当の大混乱は、夕方のラッシュ時に始まったのでありました。

高速道路でも一般道でも、すべって追突したりひっくり返ったりの車やトラックが大続出で、まったく動かない「Gridlock」=つまり駐車場状態に。
気温はどんどん下がり、シアトルとしては記録的な零下5度Cの夜に6時間以上渋滞に閉じ込められて、ついにあきらめて車を路肩に捨てて、歩いて家に帰った人も多かったようです。 

チェーンを巻いていたにもかかわらず、市バスも200台以上が立ち往生。



…シアトルにしては記録的、とはいえ、積雪はたったの10センチ程度。気温は氷点下5度C。地元テレビは『Deep Freeze! 』とセンセーショナルな特集を組んでいたけど、雪国の人からみれば大雪とはとても呼べない降雪量で、この大惨事に。




シアトルは、つい2年前の12月にも記録的な大雪に見舞われて市内の機能が麻痺してしまい、十分な教訓となっていたはず。それなのに「なんで私たちは雪に弱いんでしょう?」とシアトル・タイムスの記事が分析してました。


それによると 1)道路に塩を撒いたのだが、気温が予想以上に下がってしまい、逆に氷が張ってしまった箇所もあった。2)市バスを雪道で運行するルート指令がお粗末で、無理な坂道を行かせて事故につながったりした、3)大渋滞していたのに、手が回りきれず、高速の一部を閉鎖したままだった、4)シアトルは坂や橋が多く、凍り付くと車にとっては最悪になる、5)ドライバーがとにかくまったく雪道をわかっていない。とのこと。


たしかに、ダウンタウンや周辺の住宅街にはきっつい坂がたくさんあるのに、果敢にも?というか無謀にも、スノータイヤもチェーンもなしでその坂に出ていこうとするドライバーがあまりに多く、結果として渋滞を引き起こしてしまうのです。

そんな坂道でカメラを持って待ち構えていた人もあるらしく、こんな恐怖のビデオも。見事なまでに次々に滑っていく車、そして最後には市バスも横滑りして電柱にごっつん。


市内の全公立小中高校は、翌日の火曜、翌々日の水曜も雪のためお休み。翌日は快晴だったけれど、道路はがらんとしていた。

木曜と金曜はサンクス ギビングの休日でもとからお休みだったから、こどもたちにとっては降ってわいた1週間の休暇となりました。


まだ今年、あと何回か雪は降るのか。シアトルの人はいったいあと何回大雪に見舞われれば雪道に慣れるのでありましょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿