2012/10/05

ワイオミングの歴史ホテルとカウボーイたちのハラジュク


ああ、やっと金曜日。というか、もう金曜日。そしていつの間にか10月だ!(汗)
…冷たい秋風を感じながら、いまだに更新中の大西部旅日記です。

鹿たちが次から次へのこのこ出て来る山道を越えて、夏の長い日もすっかり日が暮れてからワイオミングの小さな町に着いた、8月の末のある晩のこと。


Greybullという町、人口1800人だというけど、そんなに住んでるのか?…と思うほど閑散とした小さな町に宿泊しました。これが↑、メインストリートの朝。

左側の建物が、泊まった Historic Hotel Greybull です。 二階部分がホテル。



旅の前にネットで宿を探したのですが、ハンプトンインとかホリデイインとかの無難そうなチェーンよりも、ついつい、こういう変な宿をわざわざ探してしまう。
ここも面白かったです。
なんとなく娼館みたいな雰囲気が漂う宿。

昔は銀行とホテルを兼ねた建物だったそうですが、20世紀初頭の西部の町だから、まあなんでもありだったのでしょう。


家具もビンテージものばかり。なぜか廊下に古い藤の乳母車なんかが置いてあってちょっと不気味だったけど、部屋や水回りはとても清潔で行きとどいています。

キチネットつきの二部屋続きスイートで100ドルくらいと、リーズナブルでした。
アンティーク趣味なベッドカバーや小物類といい、ホテルというよりB&B的な、アットホームな雰囲気。 


なぜか部屋にシアトルのカップが…。
朝ごはんの時に聞いてみたら、ここのオーナーさんはシアトル近郊出身で、高校は名門の私立校シアトルプレップに行ったのだそうです。へええ。

この辺でリタイアするための「部屋がたくさんある大きな家」物件を探していたら、このホテルを勧められちゃったんだよ、って(笑)。たしかに部屋数は多いですね。


オーナーのマイルズさんと、左がこのホテルを売りつけた不動産やさん。仲良しのちょい悪オヤジ(笑)たちという感じでした。朝ごはんのテーブルで、「さー今日は何をしようかね」って、相談してた。楽しそう。


グレイズブルのカフェ。この文字に萌える。
バグダッド・カフェみたい。砂漠の真ん中ではないけれど、地図でみるとほんとうに荒れ地と山の真ん中にぽつんとある小さな町なのです。Google Mapでも10キロ圏内まで拡大しないと名前が出てこない町。


ここからイエローストーン国立公園へ、3時間ほどのドライブ。途中の道は遠くの山火事の煙で霞んでました。

イエローストーンへの道の途中でCody(コーディ)という町を通ります。ここは西部劇のカウボーイのプロトタイプを作り出した天才的プロモーター、バッファロービル・コーディにちなんで名づけられた町。


本当に冗談じゃなくてカウボーイだらけな町でした。カウガールもいた。

メインストリートの両側に並ぶのは、ブーツ屋さん、カウボーイハット屋さん、バッファローの毛皮、など。
とにかくカウボーイグッズが上から下までそろう町。そしてそれ以外はほとんど何もそろわない。


カウボーイとカウガール以外は、まったくお呼びでない町です。
なんだか間違ったクラブハウスに入り込んでしまったようでした。


全米のカウボーイたちにとってこの町は、きっと昔の女子中学生にとってのハラジュクのような存在なんでしょう。きっとわくわく心躍る町なのだろうなあ。
ブーツで闊歩するカウボーイズ&カウガールズを、ほんのちょっとだけ羨ましく思いました。
 

ブログランキング・にほんブログ村へ

4 件のコメント:

  1. 街の真ん中の交差点に、ハイウェーのサインが山ほど付いてるのが良いですね。
    もう、これでもかっ!って感じですね。
    きっと交差点が(信号も)他に見られないような場所なんでしょうねぇ。

    Tomozoさんの泊まるホテルって、いつもちょっと怖い雰囲気のところですね!
    というと失礼かもしれませんが、幽霊が出そうな・・・雰囲気にどっぷり浸れるような味のあるホテルっていう意味です。
    その方が私も楽しくてよいと思います。
    (でも幽霊には会いたくないけど・・・汗。)

    何となくCodyって、Cle Elumの街並みを思わせるような・・・!?
    まっすぐとメインの通りがあって、でもそこしかない・・・みたいな。
    Pendletonって、ブランケットのお店とは違いますよね??

    ふふふっ・・・私もきっとじろじろ見られる側で、サッサと逃げ出したくなるだろうなあ~と思います。
    カウガールのかっこをしていたら、更に浮くかもしれませんね^^。

    返信削除
    返信
    1. おれんぢ猫さん、こんにちは〜。
      この町ね、そうでしょ、ほんとに荒野のまんなかの交差点の町って感じがしますよね。
      信号はたぶん、町に2こくらいあったかなー(笑)。

      怖い雰囲気を狙ってブッキングするわけじゃないんですけど(笑)、そこそこ安くてちょっと面白そうなって探すと、どうしても幽霊が出そうな感じの宿になるらしいです〜〜。
      Cle Elum のあたりもこんな感じですか? ワシントン州でカスケード山脈を越えると、あとはサウスダコタまで雰囲気がとても似てるなーと思いました。とにかく空がひろーい!
      ペンドルトンはカウボーイ衣料店みたいでした。看板のほうに目が釘付けで、中はあまり観察しませんでしたが…
      カウガールの格好してったら、きっとCodyでは歓迎されますよ〜! ぜひぜひお試しになって!

      削除
  2. 本当にアメリカって そこここで色の違う風景や風情 歴史をもっているんですね。日本だって北海道と沖縄では気候、風土、料理 違いをめいっぱい楽しむことができるものね。
    だんなは10日間くらい ルート66をバイクで走るツアーに参加してかえって来たばかりだけれど、まだ 興奮さめやらない感じです。

    わたしも 10日間くらいずつ 何年かかけて 旅行したいなあ。

    街のホテルのオーナーとその友達の不動産屋さん ちょいわるおやじさん
    受けた。

    ホテル雰囲気いいけれど、夜ちょっと怖いな。おれんぢ猫さんと同じく

    返信削除
    返信
    1. りょんさん、旦那様、満喫されたようですね! お天気も良かったようだし、毎年恒例になっちゃったりして? 
      わたしもまたロードトリップ行きたいなあと思ってます。10日くらいだと疲れ過ぎないし、ちょうど良いのかもしれないですね。
      次はもう息子はつきあってくれないかな…。1人だとさすがに夜の山道なんかはちょっと心細いかもですね。

      削除