2019/08/17

海辺の絶景ハイキング、Ebey's Landing


Ebey's Landing州立公園&ヘリテージ公園の海沿いのトレイルに行ってきました。



ここです。

ウィドビー島にあります。シアトルから北上して島の北端を通って行くと、曜日や時間にもよりますが、片道約2時間のドライブ。

以前に(もう6年前だ‼ひゃー)崖の上ハイキングに行ったデセプション・パスの橋を通っていきます。
 
けっこうな長距離ドライブでした。
ウィドビー島に行ったのはずいぶん久しぶりなので、どんだけ遠いか忘れてた。

Ebey's Landing のパーキングは古い墓地の前に5台分くらい。
その先の管理オフィス(週末だけ開いてるようです)の裏にももっと広いパーキングスペースがあり、トレイル入り口にトイレもあります(こまめに掃除の人が来るわけではないのでかなりキタナイです。汲取式トイレなので夏場は蝿の大群がお出迎え…。)

広いほうのパーキングに停めるときは、「ディスカバリー・パス」(州立公園の年間利用パス、年間30ドル)が必要だそうです。

週末はかなり混むらしいですが、わたしと友人が行ったのは火曜の午後遅くだったので、パーキングも楽勝でした。



こちらがトレイルマップ。
海に面した、細長い魚のようなかたちのループトレイルが「Bluff Loop」トレイル。

一周5.6マイル(約9キロ)のコースです。標高差は260フィート(約79メートル)だけど、右回りでいくとゆるやかなのぼりなので、せいぜい4階ぶんくらいしかのぼった気がしませんでした。

わたしたちは暑さを避けて(日陰がほとんどないので、カンカン照りの夏の日の昼間はかなり暑いと思います)午後4時半くらいから歩きはじめ、のんびり歩いて2時間強で一周しました。



パーキングからしばらくは、ひらけた牧草地。
ここは19世紀にEbeyさんはじめ、入植者たちがやってきて居を構えたところ。

パーキングからはのどかな田園風景を前景に、ベイカー山が左に、レーニア山が右に見えます。


しばらく行くと、ふたつの木造建物があらわれます。
小さいほうは「Block House(ブロックハウス)」。
1856年にEbeyさんたちが、「北のインディアン」(アラスカやブリティッシュコロンビアの民族のこと)の襲撃を恐れて建てたものだと書いてありました。

別の場所にあったのをここに移築してあります。

Ebeyさんはここにはじめて入植した白人で、ミズーリから新天地をもとめて1849年にやってきたそうです。

1850年には、このへん(太平洋北西部)の好きな土地を選んで4年間土地を耕作しつつ住み続ければ夫婦で640エーカー(約259ヘクタール)の土地の所有権が手に入る、というとても太っ腹な法律がありました。

1862年の「ホームステッド法」の下敷きになった法律だそうです。

もちろんこれは「ネイティブを除く、だってネイティブ民族はアメリカ人じゃないから」という非常に勝手きわまりないものであったのですが。

「ホームステッド法」は『大草原の小さな家』シリーズにもでてきました。インガルス一家もその法律で土地を手に入れて、家を建てたんでした。『プラム・クリークの土手で』だったかな。すみません、手元に書籍がなくて確認できず。

こちらは160エーカーともっと小規模になり、入植者には6年後に政府から土地を買取るオプションが与えられるという法律でした。


のどかな田園の景色を見ながら平坦な道を5分くらい歩くと、ピュージェット湾の眺望がひらけてきます。この写真ではよくわかりませんが、湾のむこうにはレーニア山がきれいに見えます。

穏やかな海、穏やかな気候、肥沃な土地。
「天国みたいなところだからぜひおいで」と、Ebeyさんは家族に書き送り、親戚一同がミズーリからひっこしてきたそうです。


トレイルは海辺の崖の上。180度、目の前にピュージェット湾がひろがります。

南にはレーニア山。対岸はオリンピック半島のポートタウンゼント。
北にはカナダのバンクーバー島が見える、ほんとにこれ以上広々できないほどひろびろした景色。

犬は、つないでいれば同行OKです。

道はこのように狭くて、左側はほんとに崖になってるので、小さいお子さんや犬連れのときには充分注意が必要。とくに元気な子犬ちゃんは大変かも。


とても不思議な木がありました。どうなっちゃったのコレ? 彫刻みたいですね。


小一時間ほど、崖の上の細道をえんえんと歩きます。

いかに絶景といえども、だんだん飽きてくるという人もいるかも。

ほんとに日陰はほとんどないので、夏の昼間にいくときにはお水をたくさん持っていかないと大変です。

砂州のあいだのラグーンに溜まった水のなかで何か腐っているものか、途中で腐臭がただようところがありました。
でもそのほかはいたってのどかな道。崖の上のトレイルは、アップダウンがほとんどありません。

反対側から回ってきたのか、途中で引き返してきたのか、4組くらいのハイカーとすれ違いました。ひとりできびきびと歩いていた初老の女性、家族連れ、女性ふたり組。犬を連れた家族。

かなり離れて私たちの前を歩いていたカップルがひと組。

砂州のおわったあたりが折り返し点。
ジグザクの道でビーチに降りていきます。



漱石先生も好きだったというトクサがいちめんに生えています。



細長いビーチを歩いて戻ります。
満潮時はもっと狭くなるかもしれません。

大型クルーズ船がカナダの方に向かってゆったり航行し、ポートタウンゼントからウィドビー島へのフェリーが湾を横切っていきます。


太平洋北西部の海岸ではどこでも、とんでもない大きさの丸太がごろごろしています。

これはまた、樹齢千年くらいありそうな丸太で、しかもここに流れ着いてから百年くらいは経っていそうな風化のしかたでした。


ジャリジャリのビーチに、くちばしの赤い小型のかもめがなぜか等間隔に並んでました。

波の間にアザラシの頭がプカプカしてるのも見えた。



出発を夕方にして正解でした。爽やかで、ほとんど汗もかかず。夏の日は長い。
午後6時すぎ、ちょうど歩き終わった頃に、いい感じの夕陽がさしてきました。


海岸からトレイルに戻る階段。

地図で見たときにはもうすこしハードな上りなのかなと思ったけど、きつい坂はこの階段と、ジグザグに降りた坂だけでした。
逆まわりだともう少し上りがきついかもしれません。


階段の先はトレイルヘッドまでゆるやかな上り坂。
ビーチをもう少し先まで歩くと別の駐車場があり、そこからスタートすることもできます。


縦にしてみた。
この写真じゃほとんどわからないけど、湾の先のほうにうっすらレーニア山が見えています。実際にはもっと間近に見えるのです。

穏やかな夕日を浴びながらのんびり車に帰ります。


帰りは、ウィドビー島南端にあるクリントンからフェリーでマカティオにわたりました。所要時間は約20分。

このフェリーを使うと、北の橋を通っていくよりも、運転時間が30分以上短縮できます。


もう売店が閉まってて自販機の変なカプチーノしかなかったけど、ずっとコーヒーが飲みたかったのでほっとひと息。

やっぱりフェリーはいいですね。
ウィドビー島、ゆっくり滞在したいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿