2021/04/10

桜満開


とりあえずシアトルでも、桜がただいま満開です。

きょう土曜日は晴れたり曇ったりで少し寒いけれど、明日から本格的に温かくなるようです。




久しぶりにグリーンレイクに行ってみました。




 風情のある老木。

戦前から日本の庭師の方が多かったためか、あちこちの公園やお庭でいろんな桜がたくさん。

ソメイヨシノだけでなく、枝垂れ桜や八重桜や、ありとあらゆる桜が見られて幸せなシアトルの春です。



にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

2021/04/04

春の海

晴れた午後、またCTちゃんちの船にのせてもらいました。



この日は帆も出さず、バラードからダウンタウンまでゆったり往復。

引き潮の午後で、ほんとうに静かな、鏡のような海でした。


内海とはいえ、まるで湖のよう。
平日だったのでほかの船もあまりなくて、とても静か。




ブイにはいろいろなものが陣取っていました。


ビーグル犬は船室に陣取る。

ここのマリーナに停泊している船のうち約半数が「住居」として使われているのだそうです。
停泊料は電気水道込で650ドルくらいだって。
 
これで3度ほど海につれていってもらったうちの息子はすっかり海暮らしにロックオンしてしまい、ゆくゆくは家ではなくて船を買って、あちこちの波止場で船内タトゥースタジオを開いて生活するというキャリアプランを練っている。


にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

2021/04/03

春ごはん その2

まだ肌寒いけど、日に日に春らしくなるシアトル。

近所の木蓮も満開。桜もレンギョウも水仙もチューリップもりんごもいっせいに咲いてます。


火曜日はうちの青年の誕生日。
おかげさまでつつがなく26歳になりました。

母、やる気まったくなく、こずも食堂のかなこさんにおねがいして、豪華な誕生日ディナーになりました。お品書きまでつけてくれて感動。



息子大好きなす田楽、角煮、唐揚げ、鱈の西京焼き、鮭と青豆と桜花のごはん、アスパラ白あえ、いかときゅうりの酢の物、自家製!お豆腐の冷奴、そして菊の花と大根のお漬物。
それに、お味噌汁になる「味噌玉」4種つめあわせセットまでついて、美しい春のごはん。

いれものも、ご飯やお魚は風情のある日本の白木お弁当箱に詰めてくださって。


 そして自家製あんドーナツも!こずもちゃんシールがかわええー。


ボリュームたっぷりで、青年もさすがに一度では完食できず、翌日にも嬉しく続きをいただきました。



 幸せの春ごはんでございました。ごちそうさまでした。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

2021/04/02

春ごはん&ワクチン接種してきました


ひさびさに、CT家におよばれ。あいかわらずチリひとつ落ちていない土曜日のCT家。

今年は花期がとても長い、プラムの花がいけてありました。




花人参に白あえ。うつくしい春のごはん。

フルタイムで激務をこなしながら、ほんとにまめだよねえCTちゃん。
そして土曜の朝は半日かけて掃除している。

なぜこんなにゴロゴロしているわたしの友人はみなこんなに働き者なのだ。



 
旅館のようなお夕飯でした。

 わたしは4度目の化学療法第1回目のミックスががつんときて、ひたすら眠い1週間でした。吐き気などはないので、ほんとにありがたや。ご飯を作って食べたりするのが億劫になるので、もうちょっとモチベーションを上げなければ。

そうそう。そしておととい、化学療法第2回めセッションの前日に、クリニックでワクチンも射ってきました〜。こちらも当日に電話があり、ちょうど採血の日でクリニックに行くところだったので。

キモセラピーの薬剤とRNAワクチンが体内に同じ日にバッティングするのってどうなの?とやや副作用が不安になり、1週間延ばそうとも思ったのだけど、定例の採血ついでに個室でワクチン射ってくれるというし、ほかのもっと高齢の患者さんもとっくに接種してるしダイジョブダイジョブ、と医師も受付くんも看護師も軽くうけあってくれるので、えーいもういいや、と。

ファイザー製でした。みんな「いいやつだね」という。前もって選べないのでね。

 

 

接種前にこういう書類に署名をさせられます。「わたしはこのワクチン接種に自主的に同意しており、拒否する権利もあることを理解しています」「このワクチンは緊急用に承認されたものであり、正式なFDAライセンスを受けたものではありません」云々。

48時間経過。副作用はとくになく、ちょっとだけ腕が重くなったくらいでした。




にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ