2020/04/21

例のおカネは届きましたか?


近所の八重桜並木。満開です。

数年前、通りのまんなかにこの公園ができたときにかなり伐採されてしまったものの、まだまだ見ごたえがあります。



ぽってり濃厚。

はー先週からちょっと大型のお仕事が入ってきてあたふたしてます。このご時世にありがたいのですが、降れば土砂降り。土砂崩れ寸前。このところいつもに輪をかけてぼーっと暮らしていたので、エンジンがかかるまでに大変時間がかかり、したがっておあとが大変なことに。



リンゴかな、姫リンゴかな。なんだかわからないけどラブリーです。
根元にはチューリップと水仙が植わっていてさらにラブリー。

一日一度か二度近所をヨロヨロ(文字通り)散歩するのがやっとの毎日、めいっぱい咲きまくっている花とロビンやシジュウカラの啼き声にひたすら癒やされます。

ところでボストンにいるうちの息子と話してたら、先週の水曜日に例のStimulus check(経済刺激対策の小切手)のお金、1200ドルが口座に振り込まれていたそうです。えー!
彼は銀行口座に振り込みだったけど、同じ会社の同僚のインターンの子たちは紙の小切手を受け取ったって。えー早いな!

これは、扶養家族でないアメリカ人と合法的居住者全員に1200ドル(収入により支給額は変わり、たとえば単身者の場合は年収7万5000ドル以上の収入があると金額が減ります)が支給されるというやつです。

そして気づいた。去年の確定申告、まだしてなかった。

ご存知のとおり、アメリカでは誰もが確定申告をして、還付金がある場合はIRS(税金の役所)から口座振り込みや小切手郵送で返ってきます。
このお見舞い一時金も、そのデータをもとにさくさくと全納税者に配られているわけなのです。

例年は4月15日が締め切りなのだけど、今年はコロナのために7月15日まで延びたのをさいわい、わたくし、まだやってなかったのです。個人事業主なので還付金はなく、納税しなくてはならないので、あとでいいならそうしよ〜、わーいラッキー、と思っていたのだった。ちくしょー。世の中うまい話はないな。いや違う、単に自分がダメダメなだけだった。

SBA(中小企業庁)を通して申し込めるEconomic Injury Disaster Loan (EIDL)は、申し込みが殺到し、数週間でもうサクッと資金が尽きてしまったそうで、新規の受付をしていません。ははは。

PPP(ペイチェック・プロテクション・プログラム)はいちおう銀行通して申し込んではみたものの、こっちも事務処理が山になっているそうで、それにやっぱり確定申告してないとサクッと突き返されそう。同業の個人事業主さんは、早々に申し込んだら翌週くらいには振り込みがあったそうです。やっぱり初動が早い人にはちゃんとリターンがあるのね。

まじでこの騒ぎで取りはぐれている翻訳料金がけっこうバカにならないので、ローンでいいから援助いただけるとたいへんありがたいのだけど。まずはほんとに早く動けよ、自分。

俺、この仕事おわったら申告するんだ…。てこんなフラグを立ててどうする。

日本では牛肉券>お魚券>世帯ごと30万円>国民一律10万円支給、と大変興味深い紆余曲折があったようですが、とりあえず支給が決まって良かったですね。日本はソーシャルセキュリティーナンバーがないし確定申告する人も少ないから、手続きがけっこうめんどくさそうですが。



にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿