2019/10/16

ポーツマスのねこ店員と坂の上のねずみ大使



ニューハンプシャー州のポーツマスに来ています。

ボストンからは高速バスでさくっと1時間半。

きのう(火曜日)は快晴。気温は17度Cくらいで、重いジャケットは不要でした。

海軍のシップヤードがある小さな港町。

清教徒革命以前に清教徒がやってきた、イギリス植民地としても最も古い町のひとつで、そのころの建物も残っています。


いまは、ほぼツーリストタウン。感じのよい海辺の町で、昔から避暑地として人気があったそうです。

保存された町並みのなかに、ギャラリーやブティックや雑貨店やレストランやカフェが並んでる。

ワシントン州の小さな港町たち、ポート・タウンゼントやラ・コナーやポールズボによく似た感じです。

地元アーティストの作品をおいたギャラリーがあり、クリスタルやドリームキャッチャーを売っていたりするスピ系のお店やヒッピーっぽいカフェがちらほらあるとこも似ている。



でもさすがにニューイングランド。歴史的建物の数がはんぱないです。町の半分はそっくり博物館みたいな町並み。


こういうなんでもないような扉の金具といったような細部に、歴史の厚み(アメリカなりに…)がにじみ出ている気がします。

ポールズボとはちょっと違う……。200年分の厚み。




頑張って作り込まなくても、そのままでオーセンティックな、余裕を感じます。

こういうふうに極端に細ーい壁板を使っている古い家がいくつかありました。
端正です。手入れもいきとどいてる。

そしてドアのひさしの上にパンプキンをのっけているお家がいくつもあった。
このひさしは短すぎて庇の役に立ってないとおもうんだけど、ただの飾りかな。


かと思えば、海辺の町らしくファンキーな面もあり。
パンプキン君たちが町の広場の一画を占拠してました。


メインストリートにはレストランやカフェ、雑貨屋などのほかにタトゥーパーラーと書店が3軒ずつくらいあり、不動産屋さんと投資コンサルティングの事務所も同じくらいの数ある。

ヒッピー系と若者とリタイアメント世代が穏やかにまざりあってる感じでした。

平日だから当然だけど、観光で来てるのはシニア世代が多かったです。
デジタル一眼レフカメラをぶらさげている人がとても多いのが印象的。


もうちょっと北に行くと、スティーブン・キングさんのホームグラウンド、メイン州。
ということもあり、ニューイングランドの小さな町ってハロウィンが似合うなあ、と思いました。



すてきなマグロ看板。なんだかおいしそうな、FISH Cafeというレストランでした。
行かなかったけど。ハッピーアワー行きたかったなー。



裏通りにある小さな本屋さんSheafe Street Books。


書店の看板ねこ、ペチュニアちゃん。11歳だそうです。

この町に来た目的は、この方へのインタビュー(嘘です)。


とてもおとなしい、生まれながらの書店員ねこ。

「外にも出ていかないし、お客さんも怖がらないし、本屋むきのねこだよ」
と、店主さんが言ってました。



小さい本屋さんだけど品揃えがけっこうツボでした。
古本と新品とどちらも、店主さんが好きなのを揃えてるようです。
窓際には村上春樹の新品がそろってた。『騎士団長殺し』も。

ペチュニアちゃんに会いたくて2日続けて行っちゃったけど、2日目はペチュニアちゃんお昼寝中で会えず。悲しかった。


扉にもキャラクターがありました。座り心地よい椅子もおいてある。

夢のような本屋さんです。



ポーツマスといえばポーツマス条約。

1905年、アメリカのルーズベルト大統領の仲介で、日露戦争を終わらせるための講和会議がここで行われ、条約が締結されたんでした。

日本から特命全権大使としてやってきたのが、小村寿太郎(コムラジュタロウ)さん。

町のまんなかの広場にこの↑解説板があって、条約が締結されるまで町をあげておもてなしをしたのである、と書いてありました。

ルーズベルト大統領って日露戦争を仲裁して停戦にこぎつけた功績でノーベル平和賞受賞してたんですね。へー。

1905年にジュタロウさんたちがやってきたのはこの町だったんだ、とおもうと感慨深かったです。

ロシアと日本の代表団が宿泊したのはこの町のなかではなくて、河口にあるニューキャッスル島の「Wentworth by the Sea」という豪華ホテル。

(1980年代に老朽化した取り壊される寸前だったところ、保存運動により再生して、今ではマリオット系のホテル&スパになってます)

条約締結は海軍シップヤードで行われました。



この写真の右上の、川(湾だと思ったら河口なんだそうです。ちょっと行くとすぐ海だけど)の向こうにある、クレーンが見えているところが、その条約締結の舞台となった米国海軍シップヤードです。
講和条約の記念館があるらしいけど、車じゃなかったのでそこまでは行かなかった。


一説によると身長143センチしかなかったという、小村寿太郎さん。

この前列の矢印の人。ちっちゃ!(親近感)

ちっちゃな体格に不似合いなほど立派な長いひげをたらしていて、全体に貧相な姿ではしりまわっていたので、「チュー公」とか「ねずみ公使」とか呼ばれていたという…。

司馬遼太郎の『坂の上の雲』、読んだのはいつだったかな。
明治初期の日本のエリートたちってなんてかっこいいんだろうか、と涙を流しながら読んだのだった。

そして小説の中では脇役ながら、登場人物の中で強烈に印象に残ったのが小村寿太郎だったのです。

ねずみ男爵ジュタロウさん。

ちっちゃくて貧相な体にモーニングコートを着込んで、どんな嫌味を言われてもまるで平然として自信のカタマリのように西洋世界のなかに突っ込んでいった、超人的に頭が切れてハラの座った人。

NHKで『坂の上の雲』がドラマ化されたときには、竹中直人さんが演じてました。あまりにもぴったりでカッコよかったけれど、少々元気がよすぎるような気もしました。

それだけ肚の座った人が、ポーツマス条約の締結後、ホテルで号泣していたという逸話もあるそうです。

景気よく日本海海戦でバルチック艦隊を破り、日本国民は大帝国を相手にした大勝利に酔っていたけれど、ポーツマス条約で日本がロシアから得たのは樺太の一部と満州などの租借権にとどまり、ロシアは日本国民が期待していた戦争賠償金をびた一文出そうとしませんでした。

ロシアにたんまり賠償金を払わせようという、日本国民の期待どおりの結果にならなかったために、条約締結後には東京では暴動が起こり、寿太郎さんも国を出るときには歓声で見送られたのに帰って来た時には売国奴のような扱いをされたとか。

そうそう、そういえば15年位前か、ホノルルにいたときにリサーチの仕事をもらって、ハワイ大学の図書館に通って明治時代のホノルルの日本語新聞をマイクロフィルムで読みまくっていたことがありました。ポーツマス条約の会議がまさに進展中の記事で、ロシアの全権代表ウィッテが小狡い策略家として罵倒されていたのが印象にのこってます。

それは当時の日本本国のメディアに煽られた国民感情をそのまま反映したものだったはず。

老獪な列強とわたりあいつつ、日本は戦勝国として体面を保つのが精いっぱいであること、日本国民が無邪気に期待するような賠償金をとってくるのは望み薄であることを寿太郎さんはよくわかっていた。

ウィキからの引用になりますけど
「すでに日本の軍事力と財政力は限界に達しており、にもかかわらず日本の国民大衆はそのことを充分認識していないという状況のなか、ロシアの満州・朝鮮からの撤兵という日本がそもそも日露戦争をはじめた目標を実現し、新たな権益を獲得して強国の仲間入りを果たした」(木村汎)
という結果を引き出した、冷静な外交官だった寿太郎さんでした。

最近の政治家と比べるまでもなく、明治の政治家は人間のスケールが違うなと思う。

ニューイングランドの町の広場の白黒写真でちっちゃいジュタロウさんの姿を見て、ああそうだったそうだった、ほんとにお疲れ様でした、と思ったのでした。



にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿