2019/06/11

バンクーバー空港のねずみ女


バンクーバー空港は楽しかったです。

土産物やさんに山積みされていた、これは……たぶん、ビーバー。
かわいいんだかかわいくないんだかよくわからない、アメリカンゆるキャラ。


スタバにあったカップもなかなか素敵なイラストでした。買わなかったけど。
ピンクのヘラジカにそそられた。

このスタバのご当地カップ「You Are Here」 シリーズ、なぜ?と思うくらい巨大で重い大陸サイズ。デザインはそれぞれかわいいのだけど。
さすがに考えたのか最近はミニチュアサイズも出てきましたが、まだ圧倒的に数が少ない。


バンクーバー空港はまだところどころ改装中みたいだけど、流れる水や植物と、先住民アートがたくさん配されてます。建築はあまり愛想がないのですけどね。



ロビーの真ん中にあった彫刻「Spirit of Haida Gwaii」。Haida Gwaii(ハイダ・グワイ)というのは、ビクトリア島の北にある群島で、18世紀にイギリス人が勝手につけていった「クイーン・シャーロット諸島」という名前で最近まで呼ばれていたのが、先住民ハイダ族を尊重して「ハイダ・グワイ」という名がつくられ、2010年以降正式に名前が変わったそうな。

ハイダ族のアート、すごく好き。

ハイダのアートを最初に見たのはたしか、ワシントン大学のバーク博物館。北方の激しい民族の物語性の強いアートに、なぜかものすごーーく惹きつけられます。

この彫刻は1998年に亡くなったハイダ族の大御所アーティスト、ビル・レイドさんの作品。
素材はブロンズで、翡翠のような色調に色をつけたもの。

まったく同じ型でつくった黒色の彫刻がワシントンDCのカナダ大使館前に設置されているそうです。ウィキによると、切手になったりお札にフィーチャーされたこともある、有名な彫像らしい。


カヌーは、とがった帽子をかぶったシャーマンを中心に、カラス、ビーバー、サメ人間、ヒグマの家族、カエル、ワシ、オオカミ、ヒトなど、超満員です。


手前にいるのはビーバーですね。平らなしっぽが目印。
その前に座っているのは、神話に出てくるヒグマの妻となった人間の女性。子どもたちを連れてます。


朝の山手線どころではない混雑ぶり。一番下に踏まれて舌を出してるのはカエルですね。


そしてビーバーの陰から顔をのぞかせているこの人。

「Mouse Woman」だそうです。

ビル・レイドさんの作品を扱うギャラリーサイトの説明によれば、ハイダの神話では、マウスウーマンすなわちねずみ女はカラスの母親であり、世界の境界をまたごうとする人に助言をおこなうことがある、とても賢い存在なのだそうです。


見た瞬間、ちびのミイかと思った。サイズも髪型も似てます。ミムラ族の親戚か。

それまでと異なる世界へ入ろうとする人へ助言を与える。

空港にふさわしい存在です。頼もしい。


にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿